Special Day その1【上本郷学童】

猛暑日が続き、外遊びもままならないまま、夏休みも終盤を迎えました。今年は台風に翻弄され、合宿も中止にせざるを得ませんでしたが、8月24日(金)に、子どもたちが楽しみにしていたSpecial Dayがありました。

《ドッヂボール交流会 〜VSわんぱく学童》
台風の進路によっては実施が危ぶまれた交流試合当日。暴風域には入ったものの、雨がほとんど降らず、猛暑日よりはよほど過ごしやすい気候でしたので、予定通り7時40分に体育館に集合。
少しだけ出発時間をずらして、いざわんぱく学童のある寒風台小学校へ。強風の影響で、あまり暑さを感じずにすみAIのお兄さん、お姉さんに手を引かれて、初めての1年生も無事に到着しました。
開会式では6年生のNRくんと3年生のMRくんが上本郷、ゆめのこ学童の代表となり、堂々と選手宣誓。早速、各学年それぞれのコートに向かい、スタンバイ。

▲絆ができた1年生
夏休みに入るまでは、ほとんどドッヂボールをしたこともなく、遊ぶ時も入所前からの友達同士で固まることが多かった1年生。練習の時も、一部の子以外はあまり熱が入る様子もなかったのですが、対戦相手ができた途端、俄然やる気を見せ、キャプテンのSK君を中心に、いつも以上の力を発揮、SMちゃんはジャンプボールで確実に味方こうーとにボールを落とし、横を守るS君は積極的にボールを取り、的確なパス回しをしていました。頑張りが実を結び、わんぱく学童に全勝すると「もっとやりた〜い」「みんなでやって楽しかった〜」と、口々に言い、2、3年の応援も全員で声をそろえて楽しんでいました。

粘り強さが光った2年生
昨年はわんぱく学童に全勝した2年生。練習の時からチームワークも良く、勝利に対する執着も出てきて、今年も楽勝かと思われましたが、小石も飛ぶほどの強風にボールが流され、思うようにパス回しができません。相手チームの実力も上がっていて、苦戦を強いられ、惜しくも1試合目を落としてしまいました。
でも、そこでヘコむ2年生ではありません。気持ちを立て直して、MGくんの投げるボールにも一層キレが光りました。そして見事な勝利を収め、得点差でバッチリ1位の座をGETしました。キャプテンのTMちゃんが試合後に言ってくれた「最初負けたけど、頑張って引き分けにできて良かった」は、まさに2年生全員の気持ちを伝えてくれていました。

力を見せつけてくれた3年生
人数が多い3年生は、今年も3チームに分かれて参戦。観戦している子供たちから次々に試合速報が流れて来ます。「MRくんが11人中10人も当てちゃったよ〜」「YEくんはコートの端から端までダッシュしてボールをキャッチしちゃって、すごいよ〜」「YMくんは上手にボールをかわして最後の一人になったよ〜」etc。みんな3年生の活躍が嬉しくて仕方がないようでした。男子の活躍が目立つなか、NRちゃんが相手のボールをキャッチして盛り上がったりと、さすが3年生、下級生に良い手本を見せてくれました。
年々実力が拮抗し、強風にも影響を受け苦しい戦いもありました・大会後、KSくんは「わんぱくに勝ててよかった」とキャプテンの重圧を吐露していました。

おたより「風の子」より

次回に続く