避難訓練
八ヶ崎放課後児童クラブ

1月17日に避難訓練を行いました。
前の週に子どもたちには
・地震が起こったら
・火事が起こったら
・不審者が突然現れたら
の3パターンを想定して、どのような行動を取るのかを確認していました。

避難訓練の話をしてから数日間は避難訓練の決まり「お・か・し・も」や「い・か・の・お・す・し」について話し合う子どもたちがちらほら…。
1年生の女の子は「ちゃんとハンカチポケットに入れてるよ~!」と教えてくれ、話をよく聞き意識してくれている子もいました。
避難訓練当日、確認していた内容でしっかり行動することができました!
校庭に避難した後は列になって並んで、紙芝居を見ながらこども110番や昔の事件について静かに聞くことができていました。

不審者は朝・昼・晩いつ来るかな?というクイズや、この中で不審者はどの人だと思う?という問いかけにも子どもたちは反応し、「朝から夜までいつでも来ることがあるんだよ」と支援員が話すと「確かに〜!」「そうなんだ!」という声が上がりました。
終わった後も、不審者が来たらこうするんだよ〜と子どもたち同士で復習している姿も…。しっかり身についているようでした!
いざというときの為に訓練をしておくことは大切ですね。

支援員・髙信梢

クリスマス会&お誕生日会
寒風台放課後児童クラブ

12月24日(金)にクリスマス会&お誕生日会を行いました。
お昼ご飯を食べたあと近くの競技場に集まって、司会の5年生女子と6年生女子の合図でイベントが始まりました。

まずはリレーを行うグループと、王様じゃんけんを行うグループに分かれて全体レクを行いました。リレーは学年ごちゃまぜでABCの3チームに分かれて、クリスマスにちなんだバトン(リース、キャンドル、サンタさんの顔)を持ち、競技場のトラック半周ごとを走りました。結果はAチームが勝ちましたが、どのチームもみんな頑張って走り切りました。
王様じゃんけんは3年生の男の子がルール説明をしてくれましたが、前日から台本読みの練習をしていたおかげでしっかりと説明ができました!ゲームも大盛り上がりで、各チームで作戦を考え楽しむことが出来ました。

次に学童全体へのプレゼント贈呈式です。最近学童で流行っている竹馬とボールをみんなにプレゼントしました。その後各部屋に戻り、それぞれの部屋へプレゼントを渡しました。わんぱくにはLAQ、ダーツ、大富豪、ころりんコースター。わくわくには野球盤、シルバニアファミリーの人形、ポケモンの家、ポケモンのフィギア、危機一髪。わいわいにはすごろく、ドミノ、ルービックマスター、ミッケ、レゴ、ラジコンカーをプレゼントしました。学童全体のプレゼントと各部屋のプレゼントは保護者会費より頂きました。
そのあと、以前のバザーで寄付いただいたおもちゃや文房具などを、くじ引きやビンゴで決めた順番に各自に一つずつプレゼントしました。おやつはカップケーキにクリームを絞り、チョコやグミ、ポッキーやチョコスプレー、キラキラのお砂糖などを使って自分たちで好きにデコレーションしたクリスマスケーキを作って食べました。わくわくでは2年生の女子がトッピングを配る係をしてくれました。

支援員・夏原彩

松戸市からのお知らせ
放課後児童クラブ・放課後KIDSルームをご利用の皆様へ

平素、子育て支援行政にご理解ご協力賜りまして誠にありがとうございます。
年明け以降、新型コロナウイルス感染症が急速に拡大していることを踏まえ、引き続きの依頼ではございますが、下記の感染対策にご理解ご協力賜りますようお願いいたします。

・各家庭において毎朝の健康観察、体調不良時の利用自粛、こまめな手洗いや手指消毒等の基本的な感染対策について、各ご家庭においてご指導をお願いいたします。

・次の場合は放課後児童クラブ・放課後KIDSルームのご利用をお控えください。
①お子様の体調がすぐれない場合
②お子様の体調が良好であっても、同居家族の方の体調が悪い場合
③お子様や同居家族の方がPCR検査を受けるとき

・次の場合は放課後児童クラブ・放課後KIDSルーム及び学校にご連絡ください。
①お子様や同居家族の方が新型コロナウイルスに感染したとき
②お子様や同居家族の方が新型コロナウイルス感染症の濃厚接触者とされたとき
③お子様や同居家族の方がPCR検査を受けるとき

各施設においても定期的な換気、手洗いや手指消毒、黙食等の基本的な感染対策を徹底してまいります。

施設内での密集を回避するためにも、ご家庭での養育が可能な場合はご家族で過ごす等、適正利用にもご協力をお願いいたします。

ご利用の皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解ご協力のほどお願いいたします。

松戸市役所 子育て支援課
TEL:047-366-7347
FAX:047-703-1005
E-mail:mckosodateshien@city.matsudo.chiba.jp

雪に大興奮
梨香台放課後児童クラブ

冬休み最後の日、梨香台にも雪が降ってきました。

子どもたちは、少しずつ降ってきた雪に、大興奮!

嬉しくて、半袖になったり、ダッシュで競争し始める子もいました。
午後になると、あっという間に積もり始め、中には雪を食べてみる子も…。

「おいしいー!」、「今は苦くて、さっきは甘かったよ!」 なんていう子も。

子どもたちは元気いっぱいになる一方で、大人は不安な表情に。

次の日も雪が残っていたため、いろいろな場所から雪を集めて、雪だるまを作ったり、雪合戦をしたりして楽しみました。

支援員・海老原侑

雪遊びにGO!
高木第二放課後児童クラブ

冬休みの最終日、雪が降りました。
まさか積もるとは…大人はビックリ、子どもは大喜び、です。

雪遊びは楽しい!のはわかっているのですが、翌日は始業式。
久しぶりにお友だちや先生に会うのに、風邪をひくわけにはいきません!

時間を決めて30分程度、雪遊びにGO!

どでかい雪玉を作る子、傘にひたすら雪を積もらせる子、雪だるまもいくつか校庭に作られました。

素手で雪を触る姿はとても冷たそうですが、遊びたい気持ちには勝てない!夢中になって遊ぶ子どもたちです。

支援員・三嶋涼恵

クリスマス・レクリエーション
北部放課後児童クラブ

12月24日に、3年生が企画したレクリエーションをしました。

みんな全力!

夏休みに縁日を企画していたのですが、緊急事態宣言発令により中止になってしまった為、クリスマス会に何かレクリエーションをしよう、となり3年生で話し合いをしました。
遊びたいものをあげてもらい、上がってきた中には面白い遊びもあって、ワイワイ楽しい会議でした。
クリスマス会当日は天気も良く、3年生みんなで準備・進行をして、楽しいレクリエーションが出来ました。
遊んだのは、春夏秋冬、ドッチボール、○×クイズ。普段は一緒に遊ばない子たちが協力をして準備をしている姿に成長を感じました。

意外な二人の協力プレイ
渾身の一投
春夏秋冬

「2022年初詣&凧あげ」
大橋放課後児童クラブ

2022年新しい年が始まりました!
新年の初登所日に、みんなで近所にある「胡禄神社」に初詣に行きました。

真剣に「2礼2拍手1礼」をする子ども達。帰りに近所の公園に寄り、楽しく遊んで帰りました。

翌日にはビニール袋と竹ひごで凧作り。干支の寅や富士山の絵、大好きなゲーム機、HAPPY NEW YEARの文字など、それぞれ好きなデザインで自分の凧を作りました。

この日は心地よい風(少々強めでしたが…)に凧がきれいに上がり、大喜びの子ども達でした。

☆今年もみんな元気に楽しく過ごせますように☆と願う支援員でした。

支援員・木村幸子

雪にワクワク 八ヶ崎放課後児童クラブ

1月6日、午前中の外遊びの際にパラパラと雪が・・・。
「雪‼雪降ってる‼」「いっぱい積もるかな……‼」と大喜びの子ども達。
お昼ご飯の為に室内に戻り、午後からは雪が強くなってきてしまったため外遊びには出れず残念そうな子ども達……。

どのくらい積もったかな、と10分おきくらいに窓の外を確認していました😆
夕方、保護者の方がお迎えに来た子たちは「やったー‼雪で遊びながら帰る‼」とワクワクしながら帰っていきました。

何年かぶりの、あの積雪量は大人でも少しワクワクしてしまいましたよね😆

支援員・池上弥愛

良い年の予感が・・
河原塚放課後児童クラブ

「あけましておめでとうございます!今年もよろしくおねがいします!」
年が明け、学童に行く子こども達からそう言って迎えてもらえたので、とても気持ちよく2022年がスタートできました。
子どもたちに誘われて外に出ると、空は見事なまでの快晴で、2022年が良い年になるのではないかと感じさせます。

「あっ天使の羽!」
子どもの嬉しそうな声と共に指をさす方を見上げると、青空の中にまさに天使の羽のような二つの雲が浮かんでいました!
「よっしゃ~カメラ!」
と急いでカメラを取りに戻りましたが、撮れたのは

ざんねん…片方の羽が小さくなってしまいました…。
「あっ、こっちにはミッキーマウス!」

え~あれは赤ちゃんだよ~!」
「いや、あれはただの雲だろっ!!」
なんて会話や雲との一期一会を楽しみながら年明けはのどかな日々を過ごせました。

と思っていたら、なんと1月6日の冬休み最後の日に大雪が降りました!
お昼ごろにはこんな感じだったのが

夜にはこんな感じに!

降り積もる雪を眺め子どもたちは大歓声! 大人たちは大きなため息…。

2022年の出だしは大荒れとなってしまいましたが、河原塚の子どもたちの元気な姿を見ていると、そのエネルギーが雪を溶かし、コロナウィルスも吹っ飛ばし、いつかまた暖かな陽気の中で口を広げて大笑いできる日が訪れることを確信させてくれます。

支援員・掃部関大夢