4学童がドッジボールで交流【寒風台わんぱく学童】

4学童がドッジボールで交流【寒風台わんぱく学童】

8月24日(金)、わんぱく学童のある寒風台小学校で、わんぱく学童、わくわくランド、上本郷学童、ゆめの子学童がドッジボールでの交流会を行いました。
台風の影響で、前日まで開催できるかどうかはっきりしない状況でしたが、当日は強風の中ではありましたが無事に開催することが出来ました。
それぞれの学童から選ばれた子どもが選手宣誓をした後、ドッジボール交流がスタート。
ボールを当てて「よっしゃ~!」と喜ぶ子、当てられて悔しがる子、キャッチは苦手でもアクロバティックにボールをかわす子、ひときわ大きい声を出してチームを鼓舞するキャプテン…などなど、子どもたちの「一生懸命がんばる姿」が見られました。また、低学年のチームを応援に行く優しい上級生チームもいました。
OBチーム(高学年チーム)は4試合しかなく、一番早く終わってしまい、ゆめの子チームからエキシビジョンマッチを挑まれたので(わんぱく・わくわくもやりたいと思っていたのですが)ひと試合行いましたが、とても白熱した試合になりました。
来年もまたドッジボール交流をしようと約束して、今年の交流を終えました。