おひさまチャレンジカップ
八ヶ崎放課後児童クラブ

晴天の下、11月25日(木)に校庭で「おひさまチャレンジカップ」を開催しました。

初めに行った、司会・開催の宣言・選手宣誓を4年生が引き受けてくれて、スタート。

今年の「もしカメ」の曲はYOASOBIの「群青」です。

Aさんが必死に喰らいついている姿を見て、周りからは「すごっ!」「頑張れ〜!」と励ましの声があったり、自分は失敗したけれど、「列の後ろにいる人でもリズムが取りやすいように」と手拍子でリズムを取ってくれている姿を見て、とても素敵だなと感じました。

「とめけんチャレンジ」では、3回チャレンジして、合計で19人が成功しました。練習の成果が出ていて素晴らしかったです!

こまは、普段から練習に励み、熱が入っている子や、「やってみようかな!」という気持ちで参加してくれた子も。惜しくも途中で失敗してしまったBさんは「もっとやりたかった〜」としょんぼり。その悔しさを来年に活かしてほしいなと思います!

閉会式では、3年生が司会・結果発表・閉会の宣言でしっかりと締めてくれました!
前に出てくれた3・4年生の皆さんありがとうございました!

練習の段階から「1年生が頑張っているから自分もやってみよう」と触発された2年生もいたので、このように「下の学年から上の学年への良い影響」が見られたことはとても素敵でした。この日が今後の前向きな経験となると嬉しいです。

改めて皆さんお疲れ様でした!

素敵な出来事
高木第二放課後児童クラブ

12月10日(金)におひさまチャレンジカップを行いました。
そんなチャレンジカップに向けての取り組みでの出来事です。

音楽に合わせてもしかめをして、1番クリアしたらシールをもらえるのですが、中々クリアできずに諦めモードな女の子。

するとその様子をみていた周りの子達から「もう1回!もう1回!」「がんばれー!」と応援の声!嬉し恥ずかしそうでしたが、応援を糧に何度もチャレンジしていました。
とても素敵な光景でした。
当日、本選では失敗してしまったものの、予選では見事に1曲クリア!
3日でものすごい成長にビックリ、本人はとても嬉しそうでした。

支援員・島倉里奈

おひさまチャレンジカップ
北部放課後児童クラブ

12月8日におひさまチャレンジカップを行いました。
日頃から、けん玉やコマの技を「1分間技チャレンジ、やらせて!!」と、やる気いっぱいで練習してきました。
当日は3年生の選手宣誓からスタート。

昨年の宣誓では緊張で言葉が出なくなるアクシデント(?)がありましたが、今年の宣誓はどうかというと…やはり緊張から、なかなか言葉が出ませんでしたが、最後は大きな声ではっきりと締めてくれました。

「全員とめ剣チャレンジ」では、昨年より多くの成功者を出すことができました。
特に1年生が複数で成功して、支援員もうれしかったです。

けん玉技では、昨年同様に3年生の女子が灯台までクリア。ただ、毎日けん玉を頑張っていて練習では灯台まで成功していた1年生が失敗してしまったことは残念でした。その悔しさをバネに、また翌日から「わざ、見てて!」と練習に励んでいます。

コマの技では、3年生男子が「指のせ」までクリア!昨年は「つなわたり」で終わってしまいましたが、今年は見事リベンジを果たしてくれました。

「長回し」では、なんと1年生の男子が2分16秒で優勝しました。2位も1年生で、1年生が大活躍していました。

けん玉の「もしカメ」では、「もしカメ」ベテランの3年生の女子数人が貫録のクリア。1年生の頃から5分ほど玉を落とさずにできていたので、さらっと成功させていました。2年生の女子も昨年に続きクリアしてくれました。

1年生は、練習では1分間も続けることができていませんでしたが、本番では男子二人が2分ほどできてびっくりしました!
それ以来コツをつかんだようで、今では3分前後までできるようになりました。

参加してくれた子どもたちは、成功しても失敗しても良い経験になったようです。

支援員一同

おひさまチャレンジカップ in大橋放課後児童クラブ

12月9日(木)に大橋小学校の体育館をお借りして、おひさまチャレンジカップを行いました。
毎日練習してきたコマの技「コマ長回し」、けん玉の技「『群青』♪の曲に合わせてのもしカメ」、そして全員でやる「とめケン」などを行いました。選手宣誓、始めと終わりの挨拶は6年生がやってくれました。

全員で挑戦した「とめケン」

難しいけん玉の技を成功してガッツポーズの5年生!その姿を声を出さずに必死で応援している子ども達の姿も素敵でした。いつもは出来ている技を失敗して悔しい思いをする子や、一発で技を決める子。見学に来てくださった保護者の方もいて、いつもとはちょっと違った緊張感の中で行うことができたチャレンジカップでした。

声は出さずに、でも一生懸命に応援

今日の嬉しかった気持ち、悔しかった思いは子どもにとって一つ成長につながると信じています。

支援員・武田里美

こま板アートとハロウィン
河原塚放課後児童クラブ

今年度のおひさまチャレンジカップに向けて、こま板を新調した際に子どもたちにイラストをお願いしました。

こちらは6年生の作品。
こちらは2年生の作品。
こちらは4年生、3年生の作品。
こちらは6年生、4年生、3年生の作品。

おひさまチャレンジカップ当日に間に合わせるために、短期間で集中して取り組みましたが、とても素晴らしい作品になりました。
特に6年生は卒所前の思い出になったかなと思います。

話は変わって、ちょっと前のハロウィンのお話です。

こちらの玄関の装飾は、子どもたちと一緒に飾り付けをしました。

天井から吊るしている巨大カボチャは、夏の行事で使用した巨大スイカボールにオレンジの和紙を貼って作成しました。
子どもたちにも保護者の方にも大変好評でしたが、来年のハードルが上がってしまったように感じます(笑)。

室内には巨大クモが登場!
子どもたちは、学童に帰ってきたら突然現れた巨大クモに大興奮でした。

支援員・丹野雅博

11月の誕生日会
寒風台放課後児童クラブ

11月29日(月)に「わんぱく」と「わくわく」で、11月の誕生日会を行いました。

わんぱくでは、ビンゴカードに「冬」にまつわる絵を描いてビンゴをしました。答え合わせの時はみんな「早く次の答え知りたい!」と最後まで盛り上がってました。

わくわくでは、ピンポン玉入れサバイバルをしました。一人1個ピンポン玉を持ち、紙コップにピンポン玉を入れるのですが入らなければ脱落、最後まで残った子が優勝というルールで行いました。3年生の男の子を中心に盛り上がりました。

また、わくわくでは雑学や方言、謎解きのクイズ大会もしました。
レクが始まると、みんな楽しそうに答えを考えていました。最後の問題は少し難しい謎解きを出したので、みんな頭を抱えて考えてましたが、4年生の女の子がすぐに答えにたどり着き誇らしげにしていました。

支援員・伊賀達也

けん玉 がんばってます!
高木放課後児童クラブ

12月6日の「おひさまチャレンジカップ」に向けて、子ども達はけん玉の「もしカメ」を猛練習中です!

毎日おやつの後の30分間、一生懸命練習する子ども達
1年生もステップの練習をしています。真剣そのものです
6年生が1年生に丁寧に教える姿に感動しました。学童のいいところですね
本番が楽しみです

支援員・小笠原愛美

全クラブで「おひさまチャレンジカップ」がスタート!!

松戸市学童保育の会が運営する全8クラブが参加する「おひさまチャレンジカップ」がスタートしました。

もともとは法人が運営を開始して間もなく「子どもたちに豊かなあそびを普及させよう!」と、すべてのクラブが一同に集まる「おひさまフェスタ」を始めたもので、10数年前からは、けん玉・コマを中心とした現在のスタイルに定着しています。

2018年の「おひさまフェスタ」(上本郷小学校)

しかし、昨年度は新型コロナの影響で「おひさまフェスタの中止」という文字がよぎりました。
その一方で「フェスタ」を楽しみにしている子、卒所を控えてラストチャンスの子の気持ちを大切に考え、クラブごとに行う「チャレンジカップ」として開催することにしました。今年度も11月25日に八ヶ崎放課後児童クラブを皮切りにスタートしました。各クラブでの開催予定は下記をご覧ください。

「おひさまフェスタ」を経験している3年生以上からは、今でも「○○クラブの子は上手だったな」「負けないように練習しよう」という声が聞こえてきます。
その練習や取り組みを通して、大きい子が小さい子に教える姿があり、異年齢の子どもたちが関わり合い育ち合うという、クラブの良さを改めて感じています。

「チャレンジカップ」という名前には、子どもたちが「やってみる」という第一歩を踏み出す勇気、練習して「できた!」という達成感、ほかの子ができたことを「よかったね」と一緒に喜びあえる心の成長を願う気持ちを込めています。
今回はどんなドラマが待っているのか楽しみです。
そして、来年こそはすべてのクラブが集まる「おひさまフェスタ」を再開できることを願っています。

開会式の選手宣誓(写真はいずれも11月25日の八ヶ崎放課後児童クラブ)
全員で「とめ剣」を行い、何人成功したかを競う「とめけんチャレンジ」
大皿~中皿を繰り返しながら、歌が1曲が流れる中1回も落とさないチャレンジの「もしかめ」
コマを頭の上で周回させる技「大車輪」に挑戦

本部責任者 池田説夫

「おひさまチャレンジカップ」開催予定
11月25日(木)八ヶ崎放課後児童クラブ
12月6日(月)高木放課後児童クラブ
12月8日(水)北部放課後児童クラブ
12月9日(木)大橋放課後児童クラブ
12月10日(金)高木第二放課後児童クラブ
12月16日(木)梨香台放課後児童クラブ
12月20日(月)河原塚放課後児童クラブ
12月27日(月)寒風台放課後児童クラブ

<🍠いもほり🍠>
寒風台放課後児童クラブ

今年も保護者の方が所有する農園さんにご協力いただき、いもほり体験を行いました。

いもほりを予定していた時間は雨予報…時間が迫るにつれて空模様が怪しくなり、降り始めてしまいました。子ども達が楽しみにしていたので、中止にしてしまうのは忍びない…畑に連絡して時間をずらしてもらい、無事に出来ました♪
80株で予約していましたが、当日は出席の子が多く、ご厚意で急遽20株追加してくださり、余裕をもって出来ました!ありがとうございました。
2年生が1年生の掘るのを手伝ってくれている姿も見られました。1年生の男の子は、自分の顔ほどある大きいさつまいもを掘り当て、大興奮!2年の女の子は「もう2本ぐらいとりた〜い」と、もっと掘りたそうでした。高学年の女の子は、わんぱくの写真を中心に写真係をやってくれました♪

持ち帰ったさつまいもを○○にして食べた!など、子ども達からは聞かれます。6年生の将来パティシエ志望の女の子は、スイートポテトにして食べたそうです^^♪

支援員・渡邉香奈子

ハロウィン工作をしました
高木第二放課後児童クラブ

毎月、高木第二では工作を楽しむ一週間を設定しています。
10月はハロウィン工作をしました。

紙コップと色画用紙、モールを使います。
ハサミでしっかり切れ目を入れる1年生~真剣です。
切った画用紙を紙コップにつけて、羽と目を付ければコウモリになります。
オレンジ色の画用紙ではかぼちゃが作れます。
紙コップなので中にお菓子を入れるのもいいですね。

支援員・中嶌輝充