みんなで遊ぶ日 八ヶ崎放課後児童クラブ

4月は2、3年生が1年生のお世話係さんとして、困っている子を手助けしてくれるなど活躍してくれていましたが、5月末には3年生を班長とした新しい班での活動をスタートさせました。

その最初の日となった5月24日(月)は運動会の振替休日(1日保育)だったので、2班合同の計5チームの班対抗で『ミニコーンボール運びリレー』と『人間玉入れ』のレクを行ないました。司会は3年生の女の子2人にお願いしました。

『ミニコーンボール運びリレー』は、コーンを逆さに持ち、その上にバトンとなるボールを乗せて、手を使わず落とさないようにコースを回るリレーです。走るコースを間違えてしまったり、ボールを落としてしまったり、2回コースを走ってしまったり、様々なハプニングもありましたが、みんなで頑張ってボールを繋ぎ、盛り上がりました(^^)

『人間玉入れ』は、1チーム1人が代表としてカゴを背負って逃げ回り、他の子たちは自分のチームカラーの玉をカゴに入れる玉入れです。代表の子たちは足が速い子が多く、玉を入れるのが大変だったようです。2つの種目のポイントを合算して順位を決定し、それぞれに喜びもあり悔しさもあり…。これからも班の子たちが一緒になって遊べる機会を増やしていけたらと思っています。

支援員・斎藤可奈子