高木まつりに参加しました【高木学童】

今年は学校の土曜参観と同日開催だったため、子どもたちは走って学童に戻って来ては、けん玉を持って「体育館に行って来ま〜す!!」「上履き忘れたー!」とまるで嵐のような元気っぷり!「きんちょうする〜」とMちゃん。「朝も練習してきた!」とやる気まんまんのMちゃん。体育館ではすでに「まつり」が始まっていて、今年も高木学童からマンカラ、コマ、けん玉のブースを出しました。マンカラが大人気でした!!

「もしカメ」発表の時間になると、子どもたちのテンションも最高潮に達したのか、ステージの上で我も我もと前に出てきて”落ちてしまわないか”とヒヤヒヤする場面もありましたが、実行委員さんの機転で1年生はステージの下に横一列になっての披露となりました。1曲4分と、終わってしまえば短いですが、子どもたちは日々の練習の成果をこの4分間に全て出し切り、たくさんのお客さんに囲まれ、暖かい拍手をいただきました。

「もしカメ」終了後は学童に戻ってパフェ作り。高木まつり担当の保護者の方が全ての材料を揃えて持ってきてくださいましたので、すぐにバイキング!コーンフレークやフルーツ、アイス等好きなものを好きなだけ盛り付けて、自分だけのオリジナルパフェが出来上がりました。緊張の発表の後の甘〜いスイーツはカクベツ!どの子も思い切り頬張り、誰にも怒られない欲張りパフェを存分に堪能しました。

パフェを食べ終えた子どもから再度高木まつりに参加し、くるくるシャボン玉や、ブーメラン、ダンボール迷路など、午後3時までの残り時間を思い思いに楽しんでいました。
色々と変更が重なり、保護者の皆さんにはご迷惑をおかけしました。また、準備から当日のブースの設置と片付けまでご協力くださった保護者の皆さま、本当にありがとうございました。お疲れさまでした!(指導員・小笠原)