親子でレクリエーション【松戸中央学童】

7月7日(土)、学校の体育館で「親子レクリエーション」を行いました。
最初は、床にバラバラに撒いた靴下をペアにしてかごに入れるゲーム「靴下入れ」を色別対抗戦で行いました。
似たような柄の靴下が多く、ペアを作るのが難しそうで、あまりできないのではないかと思っていましたが、最初にトライした白チームが83セット作ったので驚いていたところ、次の黄色チームは84セット作りました。次の青チームはなんと99セット!青チームから大きな歓声が上がりました。最後の赤チームも検討しましたが92セットでした。逆転があるのではないかと、最後までハラハラドキドキの展開で大変盛り上がりました。
次は、障害物からのお菓子パン食い競争。最初は、けん玉を大皿に乗せ落とさないように走り、続いてロープをくぐったり、またいだりして、吊るしてあるお菓子や、パンを、手を使わずに口で取りゴールします。レースごとに子どもたちの性格が表れる場面が見られ楽しかったです。保護者のレースでは、子どもたちから、「あのお菓子が欲しい、取って」などの声が上がっていました。
企画・準備をして頂いた親子レク担当の皆様、参加して頂いた保護者の皆様、暑い中、有難うございました。楽しい一日を子どもたちと過ごすことができました。