⚾ベースボール⚾
大橋放課後児童クラブ

外遊びでは、野球をしている子の姿をよく見ます。

中には「変化球の握り方は?」「レーザービームの投げ方は?」「どうやったら遠くまで打てるの?」など、上手くなるため熱心になっている子も!

人数が集まった時には、組み立て式の人工芝をベース代わりに、チームに分かれて本格的な野球が始まります。
地面に線を引いて「四角い線の中で打とうね」「線の後ろで待とう」など場所を決め、柔らかいながらも、とても伸びのあるボールを投げられるもの(企業秘密ならぬ学童秘密です😊)を使って、怪我のないように遊んでいます。

思うように打てない子がいたら、友達同士で「こうやって打つんだよ~」と教えたり、高学年が1年生に優しく教えてくれる姿もあったりと、異学年交流の素敵さがうかがえます。
毎回勝ち負けにこだわらずに、1年生から6年生まで学年問わず楽しく遊んでいます。
他にも広島東洋カープや東京ヤクルトスワローズが好きな子もいて、普段の会話の中でも盛り上がっています。

支援員・小助川

上級生が「こども先生」に
大橋放課後児童クラブ

伝承遊びのコマ・けん玉に、少しでも興味を持って始めるきっかけになったらと始めた「コマ・けん玉の日」。

毎月1回、取り組みを楽しんでいます。

昨年1年間で技が上達した子、コマ長回しで月間チャンピオンになって喜んだ子、もしカメ1曲クリアーを目指して頑張った子など、色々な物語がありました。このような経験はきっと子ども達の自信につながっていくことでしょう。

今年はこどもたちに「こども先生」をお願いし、お姉さんお兄さんたちがまだできない子達に教えてくれています。

先生役をお願いすると、快く名乗り出てくれた上級生。素直に教えてもらう下級生のみんな。とっても嬉しい光景でした。

これから「こども先生」の活躍と、こども達の上達がとても楽しみな支援員です。

支援員一同

1年生歓迎会
大橋放課後児童クラブ

4月1日(金)、12名の1年生を迎え2022年度がスタートしました。初日、4月とは思えない肌寒い中、体育館で1年生歓迎会を行いました。

在所児童には、何か一つは参加しましょう!と声をかけ、自分のやりたいものを担当してもらいました。司会は4年生が、1年生の紹介は支援員と一緒に高学年が、歓迎の言葉は2年生が担当しました。

みんなで作って用意したプラバン、アイロンビーズ、歓迎のお手紙、けん玉、こまをプレゼントで渡しました。

歓迎の出し物では、こま・けん玉の技、もしカメダンスを披露!!緊張した様子で見ていた1年生も、もしカメダンスでは体を一緒に動かしてみたり「がんばってー‼」と応援してくれて、笑顔も見られ良かったです。

在所児童のみんなは練習時間が少ない中、自分の担当をがんばってくれました。みんなで1年生を迎え入れる温かい歓迎会になったと思います。

支援員一同

6年生を送る会
大橋放課後児童クラブ

3月15日(火)に6年生送る会を行いました。

第1部ではリクエストだったお別れドッチボール!6年生の迫力に圧倒されながらも笑いが起こる場面もありました。

部屋に入り第2部スタート。司会は5年生男子。まずは3名の6年生が前に出て紹介&質問コーナー。①学童で楽しかった思い出②学童で痛い思いをしたこと③学童で食べた好きなおやつを発表。みんなからのメッセージと、思い出の写真がつまった「アルバム」と「お菓子ネックレス」を4年生からプレゼント。

3人の幼少期のエピソードを事前に保護者の方に聞き、支援員が代読しました。続いて入所してからの思い出の写真をスライド放映し、最後は6年生が一言ずつあいさつをして終わりました。「今まで支えてくれてありがとう✿」の6年生の言葉には涙があふれ、成長した姿に感動しました。夜は保護者の方をお招きして、お別れの会を行いました。

「中学に行っても自分らしく頑張ってね!応援しています」

支援員一同

節分の日
大橋放課後児童クラブ

2月3日の節分にクラブで豆まきをしました。

「鬼は~そと!」「福は~うち!」の子ども達の声が校庭に響き渡ります。鬼役は高学年。当たっても痛くないように豆はチラシを丸めたもので作りました。

鬼の背中の箱めがけて必死で豆を投げる低学年。作った鬼のお面をかぶり逃げまくる高学年男子!一年生の子が入りやすいようにわざとゆっくり走ってくれる鬼。座って身を潜めている鬼。全力で走り回り疲れ参りましたと降参する鬼などちょっと優しい鬼の様子も見られました。

コロナ禍で行事や遊びに制限がある中、今年こそははみんなに福が来ますように・・ 。

支援員・武田里美

「2022年初詣&凧あげ」
大橋放課後児童クラブ

2022年新しい年が始まりました!
新年の初登所日に、みんなで近所にある「胡禄神社」に初詣に行きました。

真剣に「2礼2拍手1礼」をする子ども達。帰りに近所の公園に寄り、楽しく遊んで帰りました。

翌日にはビニール袋と竹ひごで凧作り。干支の寅や富士山の絵、大好きなゲーム機、HAPPY NEW YEARの文字など、それぞれ好きなデザインで自分の凧を作りました。

この日は心地よい風(少々強めでしたが…)に凧がきれいに上がり、大喜びの子ども達でした。

☆今年もみんな元気に楽しく過ごせますように☆と願う支援員でした。

支援員・木村幸子

おひさまチャレンジカップ in大橋放課後児童クラブ

12月9日(木)に大橋小学校の体育館をお借りして、おひさまチャレンジカップを行いました。
毎日練習してきたコマの技「コマ長回し」、けん玉の技「『群青』♪の曲に合わせてのもしカメ」、そして全員でやる「とめケン」などを行いました。選手宣誓、始めと終わりの挨拶は6年生がやってくれました。

全員で挑戦した「とめケン」

難しいけん玉の技を成功してガッツポーズの5年生!その姿を声を出さずに必死で応援している子ども達の姿も素敵でした。いつもは出来ている技を失敗して悔しい思いをする子や、一発で技を決める子。見学に来てくださった保護者の方もいて、いつもとはちょっと違った緊張感の中で行うことができたチャレンジカップでした。

声は出さずに、でも一生懸命に応援

今日の嬉しかった気持ち、悔しかった思いは子どもにとって一つ成長につながると信じています。

支援員・武田里美

ハロウィンパーティー
大橋放課後児童クラブ

10月といえばハロウイン🎃。紙コップにかわいい顔を書き「ハロウインお化け」を作りました!

部屋の電気を消し、全部並べてみると今にも動き出しそうなお化け達…「夜中、お化け達がみんなで動いていたらどうする~?」なんて言うと、ちょっとドキッとした子ども達でした(笑)。

10月29日にはハロウインパーティーと題し、事前にビニール袋で作った衣装や持参した衣装に着替えて近隣を散歩をしたり、校庭では宝探し「自分のかぼちゃを探そう!」を行い楽しみました。

いつもとは違う一日に子ども達の笑顔がたくさん見られました。

支援員 木村幸子

カマキリ出産間近!
 大橋放課後児童クラブ

入り口にある虫かごの中には、お腹の大きな2匹のカマキリ。もうすぐ卵を産みそうです。

毎日餌のバッタを捕まえてきてはあげたり、水で虫かごを湿らせてあげたり、世話をしている子ども達。「栄養つけなきゃね!」と優しく見守ります。

別の虫かごには産み付けられた卵?があり、そこからどんな様子で子カマキリが登場するか見てみたいと思う反面、本当は怖い(^-^;)支援員です。

支援員・武田里美

もしカメダンスでステップ! 大橋放課後児童クラブ

けん玉の「もしカメ」をやりながらステップを踏む「もしカメダンス」。
音楽に合わせてやるのですが、手と足の動きが違うので、同時にやるのはなかなか難しいです。

まずはステップからの練習です。支援員が教えてあげるとすぐに覚える子ども達。覚えた子が他の子に教えてあげたりと広がっています。

数名が揃うと見ごたえのあるもしカメダンス♪覚えたステップを汗をかきながら楽しんでいる子ども達です!

支援員・木村幸子