遠足で「21世紀の森」へ
寒風台放課後児童クラブ

11月12日の土曜参観の振替で、一日保育になった14日(月)に「21世紀の森」へ遠足に出かけました。

7月には保護者の方々と、班ごとにウォークラリーを行い、バッタが飛び交う芝生を踏みしめたり、木陰で涼みながら高学年が隠した問題を探して解いていくレクを体験しました。その日は自由遊びの時間が無かったので、今回は新しい『ロング・ローラー滑り台』のアスレチックで、たっぷり遊ぶことを目的にしました。

その他にも、ザリガニ釣りや虫取りチーム、広場でのんびりとシャボン玉遊びや小川遊びなど、好きな場所で紅葉の葉が舞う中、各々駆け回り好きな時間を過ごしていました。

往復は班ごとに班長さんが先頭で下級生の様子を気にかけたり、持ち物を持ってあげたり、疲れた子を励ましたりと、3年生の活躍がみられました。高学年も青空の下で下級生と鬼ごっこやかくれんぼをしたり、活き活きと時間いっぱい遊んでいました。

めだかをのぞき込んだり、小川に足を浸したり、小川で葉っぱレースを楽しんだり、豊かな自然体験をすることができまいた。

新しいアスレチックでは、何回も汗だくになって階段を上って滑り台を楽しんでいました。秋の素敵な思い出つくりが出来たと嬉しく帰ってきました。

帰ってすぐに校庭で遊び始める逞しい学童っ子たちでした。

支援員・渡邉

日々の様子
大橋放課後児童クラブ

「当て字」
5年生の子がメモ用紙に書いてある問題を出してくれたので見てみると、そこには当て字が書いてありました。
当て字とは〈四露史句(よろしく)〉など、言葉を漢字に変換したもので、実際には存在はしません。
年を重ねていくと学習する量も格段に増えてきますが、そんな知識も生かしての問題を出してくれました。皆さんも考えてみてください。

これらは何と読むでしょうか?①虎無婦(ヒント:一度は遊んだことがあるもの) ②氷路義(ヒント:虫)答えはどこかに書いてあります。

「秋だぁ!」
この時期は、木から葉っぱが落ちてきて地面を茶色に染めていきます。そんな落ち葉をかき集めて上に飛ばし、葉っぱ吹雪を降らせるあそびをしました。
投げると同時に「秋だ!秋だぁ!」と言いながらはしゃぐ姿に天気も笑ってくれたのか、ちょうどそのタイミングで風が吹いてくれて程よい葉っぱの散り方をしていました!

「当て字」の答え ①トランプ ②こおろぎ でした!

支援員・小助川

ハロウィンに仮装コンテスト
八ヶ崎放課後児童クラブ

10月31日(月)、今年のハロウィンは仮装コンテストを開催しました!!
ルイージ、桜木花道、ダースベイダー、キョンシーなど、色とりどりに着飾った子どもたちが、みんなの前(BGMのなか♬)を順番に歩き、その後、記念撮影を行いました。

トップバッターを募集したところ、「やりたい!!」と立候補してくれた子が沢山いました。くじで決めたところ、1年生がトップバッターに!!つけ毛をした可愛いエルサに会場では手拍子が鳴り響きました。
カメラを向けるとキャラクターになりきってポーズをする子たち。お互いの仮装を見て笑い合い、笑顔が溢れていました。

仮装コンテスト後は、3年生によるハロウィンの由来についての紙芝居の披露。
作成する(絵を描いたり塗る)係や、当日に説明する係と役割を持ち、事前に練習もしていましたが、当日はみんなの前でと緊張している様子もありつつ、頑張っていました!

コンテストでは、誰の仮装が1番良かったのか投票を行ないました。
「来年もあるの?」「結果発表いつなの?」と発表を心待ちにしている子が多く、発表の日に投票で2位になった3年生男子はずっと近くに景品を置いていて、嬉しい気持ちが伝わってきました。
他の子も「俺、何票入ってた?」など気になる様子でした。
※当日は、歩くの恥ずかしいし苦手だからと事前に辞退していた子も、当日は「○○(友達)と歩く!!」と張り切っていました!!
来年はどんなハロウィンになるのか、今から楽しみです\(^o^)/

支援員一同

河原塚のハロウィン
河原塚放課後児童クラブ

河原塚放課後児童クラブでは10月31日にハロウィンパーティを行いました!
パーティを盛り上げるためには仮装が大事です。
ということで、事前に3年生が工作の先生になり1年生に教えてくれました。
3年生が3グループに分かれて、お菓子を入れるカボチャバスケット、

ネコ耳、

変装マスク、

の作り方を教えてくれました!

「わからない1年生いる?」
「オレにかしてごらん!」
「おー!なかなかうまいじゃん!」
いざ任せられると、急にそれっぽく成長するのが子どもたちの凄いところです。
他にも作りたい子が チビ魔女帽子 チョーカー マント ステッキを作りました!
全部並べるとこんな感じです。 

すごい豪華。
パーティ当日は子どもたちが5人のお化けとミニゲームを行い、お菓子をゲットしていくスタイル。
「楽しかったー!」「疲れた...でもまたやりたーい!」
それぞれが一生懸命作ったグッズで仮装しパーティは大盛りあがりでした!

パーティ当日も良かったですが、なにより良かったのは3年生が工作の先生になり1年生に作り方を教えてあげられたことです。
きっとお互いに初めて喋った子もいたでしょう。
ここから広がる関係もあるかもしれません。
既製品のあふれる現代で工作を手作りする面白さ、難しさを体験できたことも良かったです。
紙を型にそって丁寧に切ることや、ビニールを割く時のハサミの力の入れ具合など、大人には当たり前なことでも子どもたちにとっては大苦戦です。
どの色がいいかな~?と悩みながらマントや帽子の色を選んだり、チョーカーを作るためにおっかなびっくりトンカチも使いました。
そんな姿を見て、この子達は将来何になるのかなぁ?なんて考えます。
教師やデザイナー、大工さんになる子もいるかもしれません。
季節を感じ毎日を楽しみながら、何をするにも一生懸命な子どもたちの将来がとっても楽しみになるハロウィンでした!

支援員・掃部関

どんぐりと松ぼっくり
北部放課後児童クラブ

学校近くにある金山神社と雷電神社にどんぐりを、少し遠い松戸中央公園に松ぼっくりを拾いに行きました。

雨が降ったり天気が良くなかったりと、地面のコンデションが良くない状態でしたが、みんな楽しそうに拾ってくれました。

「見て見て~セミの抜け殻~」と見せてくれた子が…。

違う、それじゃない(笑)

神社の手水がない事を残念がったり、きのこを見つけてつついたりとワイワイ楽しい時間でした。
みんなが拾ってくれたどんぐりと松ぼっくりは工作の材料にします。

支援員・藤田(陽)

9月の工作週間は「ビー玉スライム」
高木第二放課後児童クラブ

8月の「縁日」での4年生の活躍を見て、「3年生会議やらないの?」と3年生。
前回6月のお店やさんもがんばってくれたので、9月の工作週間のお手伝いをしてもらうことにしました。

まず、何を作ってみたいかアンケートに書いてもらいました。以前作った「ぷにたろう」、「マスクケース」、「くるみボタン」や、「ペーパークラフト」、「万華鏡」、「スライム」などなど、色々と意見をだしてくれました。

その中から、「スライム」をやってみようと思い、調べてみたら「ビー玉スライム」を見つけたので試作してみました。

試作後、他の学年に教えてくれます。

材料があまったので、別の日に2個目を作ることになり、その日にいた3年生ほぼ全員で取り組んでくれました。

お手伝いしてくれた3年生、ありがとう!!

支援員・中村

ハロウイン~かぼちゃの重さ当てクイズ!!
大橋放課後児童クラブ

10月といえばハロウイン🎃
今年は「かぼちゃの重さをみんなで当てよう!」と題し、重さ予想クイズをやっています!

本やけん玉の重さなどをヒントに考えて、予想し投票します。
子どもたちの反応がとっても可愛らしく、重さの単位や基準が分からない1年生は「gkと書くの?えーっと自分の体重は105㎏だから・・・」(笑)と考えてみたり、「いやいや500㎏じゃない?」「え~お相撲さん5人分だよ~」と支援員、なんていう面白い会話も飛び交いました!

また違う子は「図鑑に載っているんじゃないかな?」と鋭く予想してみたり、自分の手で実際にカボチャを持ってみて、同じぐらいの重さの図鑑やおもちゃを計り予想してみたりと、やり方は様々です。子ども達のちょっとドキドキワクワクした感じが伝わってきます♪

お迎えの時に、保護者の方にも予想して頂いています!

発表はハロウインパーティ当日にみんなの前で計ります!!さぁ~ピタリ賞はでるか!?ニアピン賞は誰かな?とっても楽しみです! 

支援員・木村

ザリガニと一緒に持ち帰ったのは「優しさ」でした
河原塚放課後児童クラブ

10月始めの土曜日、猛暑も和らぎ秋の気配満載のお散歩日和。
これから寒くなるからザリガニ釣りは今日あたりが最後になるかも、との会話から、久しぶりに春木川散歩に行きました。
春木川から少し離れたとある狩り場(学童トップシークレット事項のため、場所は明かせません)で釣り始めます。
30匹くらい釣れた頃、釣りに飽きた3年生以下は近辺探索&虫トカゲ探しにいってしまい、4年生の2人だけで黙々と釣っていました。

しばらくすると二人がこんな事を話してくれました。
「僕たちが1年生の頃は毎日散歩で春木川来たのにね」
「人(子ども)が多くて散歩行くのも大変になっちゃって、全然散歩これなくなっちゃったね」
「ザリガニ釣りなんてしたことないんじゃないかな、1年生。楽しいのにね」
「このザリガニ学童に持って帰って、1年生にザリガニ釣り体験させたいな」

確かに。急激に児童数が増え、それに伴い子どもたちを外に連れ出す機会がなくなりました。

4年生の彼らが1年生の頃は、高学年が1年生を連れて10人ほどの集団で、彼ら高学年が長年の探索の結果である自慢の狩り場めぐりをしたものです。その狩り場が荒らされない様に、ルールと複数の散歩チームとの取り決めがあり、それを普段の学童生活で約束が守れると認められた者だけが高学年から教えてもらい、引き継がれて狩り場が守られて来ました。

それが3年ほど前から40人を超える集団となり、車が来ていても安全確認をせず道路に飛び出すなど、ヒヤッとする場面が急増。行き来も倍以上の時間がかかり、次第に困難になってしまったのです。

改めて多人数保育というのは、支援員だけではなく子どもたちにも不自由さを感じさせるものだと、彼らの言葉に痛感させられました。
そんな散歩のルールの1つ、ザリガニや蛙、魚はキャッチ&リリースがお約束です。

でも散歩に連れて行けない現状を飲み込み、自分たちが味わった楽しさを下の子に味あわせたいという二人の優しいい気持ちが嬉しくて、週明けの月曜日に特別企画<ザリガニ釣り>をするために、50匹以上釣って持ち帰ることにしました。
日曜を挟んで高温が続き、月曜日に生存していたザリガニは20匹ほどになっていましたが、初めてやるザリガニ釣りは楽しかったと大盛況。

「触れないけど、釣れたよ!」「釣れなかったけど、ハサミで挟んでつかんでいるのを見るの楽しかった!」と興奮して報告してくれました。
心優しい元祖野人ペアに感謝だね。ありがとう♡

支援員・星野

不審者講話
寒風台放課後児童クラブ

9月26日に不審者講話を行いました。


大きなスクリーンとプロジェクター、アンプを借りて、本物の警察の方を呼び、当日は4年生女の子Aちゃんと5年生男の子Kくんが司会をしてくれました。
みんなが並べるように声かけをして、警察の方が話しやすい環境を自分たちからつくってくれました。

大きな声で挨拶をし、「いかのおすし」の再確認をしました。
「いかの」までは全員でしっかりと大きな声で答えることができました。「おすし」の部分で声がとても小さくなってしまいましたが、警察官と一緒に復唱して、とても良い復習ができました。


不審者講話が終わった後は、映画鑑賞会を行い、大画面で迫力満点の映画を楽しく観ることができました。

支援員・ 相川

「ありがとう」と「ようこそ」の春です
河原塚放課後児童クラブ

【お詫び】5月に掲載するはずが、ホームページ担当者のミスで掲載していませんでした。ごめんなさい。

新入所児を迎え新年度がスタートしました。
5月現在、総勢151名となった河原塚放課後児童クラブです。

~感謝の気持ちをこめて~
卒所式&Thank you cafeを春休みに行いました。

3年生(現4年生)が作成した”ありがとうの桜の木”の前で、アルバムやメッセージカードの贈呈を行いました。とても喜んでくれました! 6年生と有志メンバーで、もしかめダンスの披露もしました。♪ねぇねぇという曲に合わせ、オリジナルダンスで盛り上がりました。

その日のおやつは、卒所する6年生3名が「Thank you café」をオープン!好きな駄菓子5点とジュースを、その日限定のオリジナルカードでお買い上げして飲食を楽しめるcaféでした!(パーテーション使用、黙食)

~ようこそ学童保育所へ~

4月1日は、新入所のメンバー紹介と歓迎会を行いました。
メンバー紹介は各クラスで4年生が司会進行を努め、名前と好きな動物や食べ物を発表してもらいました。

歓迎会は、”ようこその桜の木”の前で行われました。コマ技、けん玉技、もしかめダンスを選抜メンバーで披露すると、おぉ~!!と歓声の嵐でした。コマやけん玉に興味を持ち、練習をしている姿もみられる日々です。

支援員・菊地