⚾ベースボール⚾
大橋放課後児童クラブ

外遊びでは、野球をしている子の姿をよく見ます。

中には「変化球の握り方は?」「レーザービームの投げ方は?」「どうやったら遠くまで打てるの?」など、上手くなるため熱心になっている子も!

人数が集まった時には、組み立て式の人工芝をベース代わりに、チームに分かれて本格的な野球が始まります。
地面に線を引いて「四角い線の中で打とうね」「線の後ろで待とう」など場所を決め、柔らかいながらも、とても伸びのあるボールを投げられるもの(企業秘密ならぬ学童秘密です😊)を使って、怪我のないように遊んでいます。

思うように打てない子がいたら、友達同士で「こうやって打つんだよ~」と教えたり、高学年が1年生に優しく教えてくれる姿もあったりと、異学年交流の素敵さがうかがえます。
毎回勝ち負けにこだわらずに、1年生から6年生まで学年問わず楽しく遊んでいます。
他にも広島東洋カープや東京ヤクルトスワローズが好きな子もいて、普段の会話の中でも盛り上がっています。

支援員・小助川

3色マーカーチャレンジ
梨香台放課後児童クラブ

皆さんは、3色マーカーチャレンジという遊びを知っていますか?
学童では、女子の中でやっている子が多い室内遊びです。
最近では、天気が悪い日が続いている中で、特に、2・3年女子の中で毎日のように誰かは、友達同士で遊んでいる姿が見られています。

ルールは、簡単です。
塗り絵の中から、塗りたい絵を選びます。(みんな一緒の絵で統一します。)
箱から色鉛筆を見ないようにしながら、一人ひとり3種類選びます。

自分が取った3色の中で、最初に選んだ塗り絵を自由に好きなように塗っていきます。(お互いに塗っている間は、完成するまで見ないようにしています。)

完成したら、お互いに見せ合って、「どの絵が一番好き?」などと、他の人たちに聞きにいって、投票のようにしてあそんでいます。

自分の好きな色で塗るのではなく、偶然に選んだ3種類の色で塗っているので、みんな同じ塗り絵でも、まったく違った作品が生まれていて、子ども達の個性があふれています。
あえて、笑わせるように描いている子もいて、見ているだけでも面白いし、描く・見る両方で楽しめる遊びです。

支援員・海老原

3年生のお店屋さん その2
高木第二放課後児童クラブ

お菓子つかみどり屋~箱の中身は見えないままつかみ取りします。
(お菓子は個包装でお客の子達は手袋をしてつかみます)

射的屋~当たればお菓子がもらえます。割り箸鉄砲は
3年生が作りました。行列ができる人気でした。

オープン前、3年生は前祝い。「これから頑張るぞー」と、ジュースで乾杯です。

学童っ子だけでなく学校の先生方も来てくれました。各店盛り上がり、景品のお菓子はおやつタイムにみんなで食べました。

支援員・中嶌

てるてる坊主~明日天気にしておくれ~
北部放課後児童クラブ

6月に入り、季節の工作として「てるてる坊主」を作りました。
土台は牛乳パックを使い、牛乳パックは3年生に切ってもらいました。

てるてる坊主を吊るすストローに切れ込みを入れて、牛乳パックに差し込んで、物干し竿風のものが完成です。
てるてる坊主の頭を布で包むのに苦労しながらも、頑張って糸で縛りました。

低学年の子は輪ゴムでとめてもらい、てるてる坊主の完成。
出来上がったてるてる坊主をストローに吊るし作品の完成。

てるてる坊主の顔も土台も、それぞれの個性が出ていて興味深いものとなりました。
作ったてるてる坊主は天気にしてくれたかな?

支援員・藤田(陽)

お出かけ散歩とウォークラリー
寒風台放課後児童クラブ

運動会の振替休日に「21世紀の森と広場にお散歩」、「学童に居る子で校庭でのウォークラリー」を行いました。
21世紀の森と広場までは30分以上かかりましたが、行きも帰りも泣き言を言わずにみんなで歩くことが出来ました!!

アスレチックに登ったり、四つ葉のクローバーを探したり、シロツメクサで冠を作った子もいました!

小川では裸足で水に入り「気持ちいい!」との声が。最初は「冷たい!」と言って、おそるおそる入っていたのに、慣れてくるとバシャバシャと豪快に歩いている子も。

ウォークラリーでは、ヒントをもらうために高学年に声をかけたり、学年を越えた交流の場になっていて、みんなで楽しみました!

分からない問題を何度も見に行き、話し合いながら考える姿が印象的でした。

支援員・大澤

リレーが流行中
河原塚放課後児童クラブ

河原塚放課後児童クラブでは最近リレーが流行しています。

「リレーやる人~?」と声をかけると学年男女問わず大勢の子が集まってきます。
チーム分けは5年生を中心に、足の速さが同じくらいになるように話し合いで決めていきます。

足が速い子、走るのが苦手な子様々ですが、走る順番を工夫したりして、チーム一丸となって楽しんでいます。
時には支援員も入って、盛り上がっています。

支援員・丹野

工作でお弁当作り♪
高木放課後児童クラブ

お弁当を作りました~!
「次は何を入れよう?」「お弁当って何が入ってたっけ?」と考えながら一緒に作りました!
ウインナーや唐揚げに色を塗る時にはちょっと濃くなってしまい、焦げちゃったね~(笑)」と一緒に作っていた3人で笑いながら作りました!

次の日にはその様子を見ていた2年生もいくつか小さな可愛いお弁当を作っていました♪

次は何を作ろうか楽しみですっ!

支援員・戸田

振替休日にリレーとドッジビー
八ヶ崎放課後児童クラブ

運動会の振替休日だった5月23日に、リレーとドッジビー(ドッジボールとフリスビーを合わせてようなゲーム)に分かれて外遊びをしました。

リレーでは、3チームに分かれて白熱したレースを見せてくれました。
上級生の男の子はさすがの走りで差をつけ、ヒーローになっていました。
あまりの速さに応援している下級生たちは驚いていました。

また、走る順番をくじ引きで決めたため、1年生が第一走者になり、上級生と走ることになりましたが、1年生とは思えない速さで懸命に食らいついてる姿がかっこよかったです。
気が早すぎますが、来年の運動会も学童の子たちの活躍に期待です!
そして、レースが終わるとすぐに、『もう一回走りたい』と言う子達で溢れかえりました。
元々1レースの予定でしたが、全体で2レース、有志で1レースの合計3レースすることになり、子供たちは疲れを知らず元気いっぱいだと改めて感じました。

一方、ドッジビーでは、白熱した戦いの中でも、心温まる場面がありました。
それは、上級生が1年生を守ってくれていたことです。
体を張って守ってくれる姿は、とても頼もしく優しさに溢れていました。

そして、ドッジビーでも『もう一回やりたい』との声が多く、3回戦行うことができ、楽しい1日となりました。

支援員・松岡

ビーズの王冠リング👑
北部放課後児童クラブ

4年生女子たちがビーズで指輪を作っているのを見て、ちょっとしたビーズブームが起きました。
それを見ていた2年生男子がこっそり「作りたい」と言ってきたので、こっそり作りました。

それから何日かしてから、2年生男子2人が「オレたちも作りたい!」と申し出て作っていたら、次々と作りたい!と言ってプチワークショップのようになりました。

低学年では少々難しいところがあったので、手助けしながら指輪を作りました。
出来上がった指輪にそれぞれ満足。

「オレは家族に自慢するんだ-」「ママに見せよー」「ママにあげるんだー」
色々な思いで作った.指輪のようでした。

支援員・藤田(陽)