運動会の振替日にウォークラリーとドッジボール 寒風台放課後児童クラブ

5月24日(月)運動会振替日の1日保育は、10時45分~2時までウォークラリー、2時~3時までドッチボールをしました。
どちらも自由参加で、ウォークラリーは時間内ならいつでもやっていいということでレクをしました。

ウォークラリーは、校庭やグリーンパークに問題を隠して、子ども達が隠した問題を見つけて解くというゲームです。隠し場所はグリーンパークの百葉箱の近くやジャングルジム、朝礼台、室内などにしました。問題は、なぞなぞ、宝探し、箱の中身は何?などの問題系のほか「好きなおかしは?」や、指導員に好きな寿司を聞くなどの質問系を作りました。そして全部の問題を解くことができた子には、飴をあげることにしました。
説明し始めたときは、何人かが「えぇー」と、やりたくなさそうな反応をしていたのですが、自由参加ということと、全部の問題を解けたら、飴がもらえることが分かると、みんなやる気が出てきてほとんどの子が参加してくれました。
一番で全問を解き終わったのは4年生の女の子でした。1年生をはじめ、何人かで協力して探し、問題を解いていました。また、時間ギリギリで始めた2年生の男の子に、先に終わっていた3年生の男の子がヒントを出してあげながら最後まで面倒を見てくれました。

ドッチボールは、まず1年生がルールを覚え、ボールに慣れるために11時から1時間ほど練習をしました。最初の30分は2年生以上の子がボールの投げ方を教えながら一緒にキャッチボールをして、その後でミニゲームをしてルールを覚えました。ミニゲームでは主に男の子がボールを投げたり、キャッチすることが上手で活躍していました。本番では、参加してくれた人数は少なかったのですが、少人数で楽しくドッチボールが出来ました。

支援員・伊賀達也