秋がいっぱい 八ヶ崎放課後児童クラブ

セミの声がいつの間にか聞こえなくなり、バッタやトンボなどの秋の虫たちの姿が姿が見られるようになりました。
過ごしやすい気候の中、子どもたちは夏に引き続き、虫探しに夢中!バッタ、コオロギ、トンボ・・・学校の校庭も秋の虫でいっぱいです。

先日、2年生の女の子たちが校庭でカナヘビを捕まえました。【ラムネちゃん】と名前を付け、お水をあげたり餌を食べさせてあげたりと可愛がっています。
豊かな秋の始まりですね。元気いっぱいな子どもたちと一緒に秋の自然に触れあいたいと思います。

支援員・池上弥愛