校庭でハロウィンのカボチャ探し 八ヶ崎放課後児童クラブ

10月30日金曜日、学童でハロウィンをしました。

学童に帰って来るなり、「もう仮装していいの?」とノリノリな子ども達。
猫耳カチューシャを付ける子、魔女の帽子や羽を身に着ける子、アメコミ映画の某キャラクターのマスクを被っている子、なかには、折り紙でカボチャや、おばけを作り、それを自分が持ってきていた仮装用のマントに貼って可愛いアレンジをしている子も‼

1人ひとり個性の溢れる仮装をし、みんなで手首にハロウィンのタトゥーシールを貼ったら、外へ出てハロウィンレクがスタート‼
外では、校庭に隠された15個のカボチャを探す、カボチャ探しゲームをしました。
見つけたカボチャを指導員のもとへ持ってくると、景品と交換できる個人戦です。
砂場や草むらなどの、少し難しい場所に隠されていたカボチャも多い中、たくさんのカボチャを見つけていたのは、1年生‼
「見つけたよー‼」とカボチャを手にニコニコと駆け寄ってきてくれる姿がとても印象的でした。

やつもハロウィンパッケージの特別仕様🎃
あまったおやつは、急遽くじ引き大会をし、はずれた子はまたまた敗者復活戦を繰り返し、最低でも1つ貰えて大盛り上がりの1日でした。
(時間が押してしまった関係で、この日の勉強時間を無しにした事にも大盛り上がりな子ども達でした)

支援員・池上弥愛