七夕の願いごと 河原塚放課後児童クラブ

河原塚放課後児童クラブでは毎年、7月7日の七夕に合わせて市役所の方から笹を頂き、子ども達がそれぞれ好きな事を短冊に書いてお願い事をしています!

短冊に書かれたお願い事をちょっと覗いてみると、大人には思いつかないようなとっても可愛い子どもらしい願いで溢れています。
今日はその中からいくつか紹介したいと思います。

『しょうらいウサインボルトのきろくをこえられますように』
走るのが大好きな男の子は、すでに世界最速の男を見据えています。
10年後がとっても楽しみです。

『ずっとともだちがいっぱいでともだちをすてないでけんかもしませんように』
地球のみんなに聞いてほしいようなお願い事をしたのは、がんばり屋さんで優しい女の子です。

『おりひめとひこぼしがあえますように。』
いつもお話を真面目に聞いてくれる女の子は、なんと叶えてくれる側である織姫様と彦星様の幸せを願っています。
織姫様と彦星様はとってもうれしいだろうなぁ。

『マグロを1000000000000ぴきつってかねもちになれますように』
去年に引き続きマグロのお願いをする男の子。
ただ去年は『マグロがたくさん食べたい』だったのに、今年は売るつもりでしょうか?利益を視野に入れています。短冊から立派な成長が見て取れます。

『地球侵略できますように』
彼は地球人に化けた宇宙人なんでしょうか?
侵略されると困るのでぜひやめていただきたいものです。

恥ずかしがり屋さんが書いたお願いは織姫様と彦星様も解読するのが大変そうです。

こんなお願いがたっっくさん集まって、とっても賑やかな笹になりました!

短冊が重すぎて笹が折れそうなほどで織姫様と彦星様も全部叶えるのはとっても大変そうです。

今年の七夕は個性が光るお願い事もありましたが、一番多かったのは『コロナがおさまりますように』でした。
本当にそう思います。
きっとすぐ叶うよ!優しいみんながお願いしているんだから。

支援員・掃部関大夢