七夕に紙芝居とペープサート
梨香台放課後児童クラブ

7月7日に七夕会を行いました。

例年だと、天気が悪く雨の日が多いのですが、今年は、晴れ間に恵まれた1日となりました。
短冊に書く願い事を考えるのに、「何の願い事にしようかなー?」と子どもたちは、何日も前からワクワクしながら、それぞれ思い思いの願いを決めていました。

当日には、学童の出入り口に置かれた笹の葉にいろいろな色の短冊や七夕飾りが飾られ、見た目から圧倒される様子でした。

今回の一番のメインは、5年・2年の有志の女の子たちによる七夕を題材にした紙芝居とペープサートの発表です。
何日も前から絵を描いて、黙々と準備に取り掛かっていました。

内容は、物語を作ることが得意な卒業生の子が考えてくれて、牛・羊・ニワトリ・神様など、意外な登場人物がたくさん出てくるお話。初めてみんなの前で発表するということもあり、緊張感が指導員側にもたくさん伝わってきました。

見ている子どもたちも、話の世界に引き込まれていました。

最後には、指導員扮する「神様」と全員じゃんけんをしました。
何度も対戦し、最終的に勝ち残った子には、「織姫と彦星」の折り紙が景品として贈られました。

子どもたちみんなの願い事が叶うといいなと、指導員も願っております。

支援員・海老原侑