凧揚げ、豆まき
高木第二放課後児童クラブ

1月の工作週間で凧を作りました!
それから2週間ほど、校庭で凧揚げをする子が絶えず、色んな絵の凧が空に上がりました。
風がなくて走り回る子、上手く揚げられない子もいましたが、木や遊具に引っ掛けてしまう子はほとんどいませんでした。周りを見ながら上手にできました。

2月に入り、学校には感染症による学級閉鎖の波が押し寄せました。
クラブの登所人数もかなり少なく、来ている子より休みの子の人数を数えている子どもたち。
そんな中、大きい声も出せないし、豆を校庭には撒けないけど気持ちだけ…のつもりで、チラシを使って豆を作り、鬼の顔に向かって豆まき!
借用教室で行っていたら、学校の先生も一人見に来てくれて一緒に豆まきしてくれました。

支援員・三嶋涼恵