9月の工作週間は「ビー玉スライム」
高木第二放課後児童クラブ

8月の「縁日」での4年生の活躍を見て、「3年生会議やらないの?」と3年生。
前回6月のお店やさんもがんばってくれたので、9月の工作週間のお手伝いをしてもらうことにしました。

まず、何を作ってみたいかアンケートに書いてもらいました。以前作った「ぷにたろう」、「マスクケース」、「くるみボタン」や、「ペーパークラフト」、「万華鏡」、「スライム」などなど、色々と意見をだしてくれました。

その中から、「スライム」をやってみようと思い、調べてみたら「ビー玉スライム」を見つけたので試作してみました。

試作後、他の学年に教えてくれます。

材料があまったので、別の日に2個目を作ることになり、その日にいた3年生ほぼ全員で取り組んでくれました。

お手伝いしてくれた3年生、ありがとう!!

支援員・中村

夏休み、あんなことこんなこと
高木第二放課後児童クラブ

夏休みでも子どもたちは元気に登所してきてくれました。
~夏休みに行った行事~

*8/3 水遊び
着替えと水鉄砲を持ってきて、みんなで水遊び。
大人も子どもも関係なく、全身びしょ濡れになりながら遊びました!

*8/24 縁日
4年生が主体となって、ポスターを描いたり、企画をしたり、コツコツ頑張ってくれました。
意見が出て採用した“たたいてかぶってじゃんけんぽん屋”。ピコピコハンマーで楽しんでいました。
当日は景品おやつに喜ぶ子ども達。いつもよりも少し多いおやつに笑顔がこぼれていました。

*8/29・8/30 お化け屋敷
5・6年生が主体となって準備してくれました。
1ヶ月かけて道具を自ら作成、お面やかつらをかぶって脅かします。
学校の先生も招待したい!ということで、急遽二日間になったのも子ども達からの意見です。
当日は校長先生や5・6年生の担任の先生が来てくださり、子どもたちも嬉しそうでした。

*8/31 4年生レク
班長の4年生が企画したレク“こおりおに”。
急きょ計画した遊びで、4年生が自ら鬼となり、あっちこっちで駆け回ります。
…が、どうやら5・6年生と4年生が、ズルをしたとかしてないとかで揉めてしまったようです。
午後にはリベンジをして4・5・6年生で再びこおりおに。モヤモヤも消化して、夏休みを締めくくりました。

支援員・三嶋

畳替えの日
高木第二放課後児童クラブ

7月土曜保育の日に、学童の畳替えをしました。
畳屋さんが畳をはがして持って行ったあと「畳の下ってこんなになってるんだ!?」と興味津々の子ども達。みんなで掃除をして、新しい畳が来るのを待ちます。

ただ畳を静かに待つのではなく、広いこま板のような床の上を使って、こま、おはじき、ジェンガなどで楽しむところはさすが学童っ子。

夕方、新しい畳をはめる時は「いい匂い!」「イグサの匂いなんだ?」「ドッグフードの匂いする!」(^_^;) などと、鼻をクンクンしながら畳の上をゴロゴロ転がって楽しんでいました。

きれいな畳で気持ちよく夏休みが過ごせそうです。

支援員・武田

3年生のお店屋さん その2
高木第二放課後児童クラブ

お菓子つかみどり屋~箱の中身は見えないままつかみ取りします。
(お菓子は個包装でお客の子達は手袋をしてつかみます)

射的屋~当たればお菓子がもらえます。割り箸鉄砲は
3年生が作りました。行列ができる人気でした。

オープン前、3年生は前祝い。「これから頑張るぞー」と、ジュースで乾杯です。

学童っ子だけでなく学校の先生方も来てくれました。各店盛り上がり、景品のお菓子はおやつタイムにみんなで食べました。

支援員・中嶌

「カーネーション」
高木第二放課後児童クラブ

5月7日の土曜日に4年生女の子に「カーネーションどうやって作るんだっけ?」と聞かれ、「たしか去年作ったね。作り方忘れちゃったから調べてみるね」と答えます。

作り方を調べ、材料は学童にあるありあわせのものでつくります。

「作ったらお母さんにあげるんだ」と4年生女の子が作っていると、他の子たちも「私も作る」と作っていました。

夕方になり「作りたい」とつくりはじめた子は、作り途中でお母さんがお迎えにいらっしゃいます。
ハッとした表情をしたお子さんを見て察していただき、「外で待ってるね」とお母さん。
できあがるのを待っていただき、渡すことができました。

支援員・中村

新一年生を迎えてお祝いの会
高木第二放課後児童クラブ

高木第二小学校の桜が、今年も見事に咲きました。

元気な1年生が26名増え、クラブは今年度は115名でスタートです。
お祝いの会では、ちょっぴり緊張した面持ちの新入所児に、進級した子どもたちがコマやもしカメ、ダンス、劇、作成した工作をプレゼントするなどをして、新しい子どもたちを迎え入れました。

学校も学童も楽しく過ごせるといいなと思います。
今年度、高木第二放課後児童クラブ(旧名:ひまわり第2学童保育所)は30周年を迎えます。
今後も保護者の皆様をはじめとして、支援員や学校の先生、地域の方など様々な大人に見守られながら、大きく育って行ってくれるといいなと思っております。

支援員・三嶋

4週連続で「縁日DAY」開催!!
高木第二放課後児童クラブ

2月24日から毎週木曜日が縁日DAYとなりました。この企画は4年生のプロデュースによるものです。

3月3日はヨーヨー釣り屋を出店しました。ヨーヨー作りには苦労しましたが、係を分担した4年生。段取りよくお客のみんなにすすめています。上手く釣れない子には釣りやすいように仕掛けるサービス付き!

3月10日はくじ引き屋さん出店。手作り感満載のくじ引きBOXのくじを引くゲーム。景品はおやつ。
1等にはアイス、2~3等はゼリーも出しました。

本来、縁日は夏休みに行う予定でしたが。延期になってしまいました。
そこで、この年度末に1日1店舗、4週連続で行うスタイルにしました。

結果はどれも大盛況で盛り上がりました。17日は最後のお店「工作屋」を開きました。

指導員・中嶌輝充

凧揚げ、豆まき
高木第二放課後児童クラブ

1月の工作週間で凧を作りました!
それから2週間ほど、校庭で凧揚げをする子が絶えず、色んな絵の凧が空に上がりました。
風がなくて走り回る子、上手く揚げられない子もいましたが、木や遊具に引っ掛けてしまう子はほとんどいませんでした。周りを見ながら上手にできました。

2月に入り、学校には感染症による学級閉鎖の波が押し寄せました。
クラブの登所人数もかなり少なく、来ている子より休みの子の人数を数えている子どもたち。
そんな中、大きい声も出せないし、豆を校庭には撒けないけど気持ちだけ…のつもりで、チラシを使って豆を作り、鬼の顔に向かって豆まき!
借用教室で行っていたら、学校の先生も一人見に来てくれて一緒に豆まきしてくれました。

支援員・三嶋涼恵

雪遊びにGO!
高木第二放課後児童クラブ

冬休みの最終日、雪が降りました。
まさか積もるとは…大人はビックリ、子どもは大喜び、です。

雪遊びは楽しい!のはわかっているのですが、翌日は始業式。
久しぶりにお友だちや先生に会うのに、風邪をひくわけにはいきません!

時間を決めて30分程度、雪遊びにGO!

どでかい雪玉を作る子、傘にひたすら雪を積もらせる子、雪だるまもいくつか校庭に作られました。

素手で雪を触る姿はとても冷たそうですが、遊びたい気持ちには勝てない!夢中になって遊ぶ子どもたちです。

支援員・三嶋涼恵