河原塚のハロウィン
河原塚放課後児童クラブ

河原塚放課後児童クラブでは10月31日にハロウィンパーティを行いました!
パーティを盛り上げるためには仮装が大事です。
ということで、事前に3年生が工作の先生になり1年生に教えてくれました。
3年生が3グループに分かれて、お菓子を入れるカボチャバスケット、

ネコ耳、

変装マスク、

の作り方を教えてくれました!

「わからない1年生いる?」
「オレにかしてごらん!」
「おー!なかなかうまいじゃん!」
いざ任せられると、急にそれっぽく成長するのが子どもたちの凄いところです。
他にも作りたい子が チビ魔女帽子 チョーカー マント ステッキを作りました!
全部並べるとこんな感じです。 

すごい豪華。
パーティ当日は子どもたちが5人のお化けとミニゲームを行い、お菓子をゲットしていくスタイル。
「楽しかったー!」「疲れた...でもまたやりたーい!」
それぞれが一生懸命作ったグッズで仮装しパーティは大盛りあがりでした!

パーティ当日も良かったですが、なにより良かったのは3年生が工作の先生になり1年生に作り方を教えてあげられたことです。
きっとお互いに初めて喋った子もいたでしょう。
ここから広がる関係もあるかもしれません。
既製品のあふれる現代で工作を手作りする面白さ、難しさを体験できたことも良かったです。
紙を型にそって丁寧に切ることや、ビニールを割く時のハサミの力の入れ具合など、大人には当たり前なことでも子どもたちにとっては大苦戦です。
どの色がいいかな~?と悩みながらマントや帽子の色を選んだり、チョーカーを作るためにおっかなびっくりトンカチも使いました。
そんな姿を見て、この子達は将来何になるのかなぁ?なんて考えます。
教師やデザイナー、大工さんになる子もいるかもしれません。
季節を感じ毎日を楽しみながら、何をするにも一生懸命な子どもたちの将来がとっても楽しみになるハロウィンでした!

支援員・掃部関

ザリガニと一緒に持ち帰ったのは「優しさ」でした
河原塚放課後児童クラブ

10月始めの土曜日、猛暑も和らぎ秋の気配満載のお散歩日和。
これから寒くなるからザリガニ釣りは今日あたりが最後になるかも、との会話から、久しぶりに春木川散歩に行きました。
春木川から少し離れたとある狩り場(学童トップシークレット事項のため、場所は明かせません)で釣り始めます。
30匹くらい釣れた頃、釣りに飽きた3年生以下は近辺探索&虫トカゲ探しにいってしまい、4年生の2人だけで黙々と釣っていました。

しばらくすると二人がこんな事を話してくれました。
「僕たちが1年生の頃は毎日散歩で春木川来たのにね」
「人(子ども)が多くて散歩行くのも大変になっちゃって、全然散歩これなくなっちゃったね」
「ザリガニ釣りなんてしたことないんじゃないかな、1年生。楽しいのにね」
「このザリガニ学童に持って帰って、1年生にザリガニ釣り体験させたいな」

確かに。急激に児童数が増え、それに伴い子どもたちを外に連れ出す機会がなくなりました。

4年生の彼らが1年生の頃は、高学年が1年生を連れて10人ほどの集団で、彼ら高学年が長年の探索の結果である自慢の狩り場めぐりをしたものです。その狩り場が荒らされない様に、ルールと複数の散歩チームとの取り決めがあり、それを普段の学童生活で約束が守れると認められた者だけが高学年から教えてもらい、引き継がれて狩り場が守られて来ました。

それが3年ほど前から40人を超える集団となり、車が来ていても安全確認をせず道路に飛び出すなど、ヒヤッとする場面が急増。行き来も倍以上の時間がかかり、次第に困難になってしまったのです。

改めて多人数保育というのは、支援員だけではなく子どもたちにも不自由さを感じさせるものだと、彼らの言葉に痛感させられました。
そんな散歩のルールの1つ、ザリガニや蛙、魚はキャッチ&リリースがお約束です。

でも散歩に連れて行けない現状を飲み込み、自分たちが味わった楽しさを下の子に味あわせたいという二人の優しいい気持ちが嬉しくて、週明けの月曜日に特別企画<ザリガニ釣り>をするために、50匹以上釣って持ち帰ることにしました。
日曜を挟んで高温が続き、月曜日に生存していたザリガニは20匹ほどになっていましたが、初めてやるザリガニ釣りは楽しかったと大盛況。

「触れないけど、釣れたよ!」「釣れなかったけど、ハサミで挟んでつかんでいるのを見るの楽しかった!」と興奮して報告してくれました。
心優しい元祖野人ペアに感謝だね。ありがとう♡

支援員・星野

「ありがとう」と「ようこそ」の春です
河原塚放課後児童クラブ

【お詫び】5月に掲載するはずが、ホームページ担当者のミスで掲載していませんでした。ごめんなさい。

新入所児を迎え新年度がスタートしました。
5月現在、総勢151名となった河原塚放課後児童クラブです。

~感謝の気持ちをこめて~
卒所式&Thank you cafeを春休みに行いました。

3年生(現4年生)が作成した”ありがとうの桜の木”の前で、アルバムやメッセージカードの贈呈を行いました。とても喜んでくれました! 6年生と有志メンバーで、もしかめダンスの披露もしました。♪ねぇねぇという曲に合わせ、オリジナルダンスで盛り上がりました。

その日のおやつは、卒所する6年生3名が「Thank you café」をオープン!好きな駄菓子5点とジュースを、その日限定のオリジナルカードでお買い上げして飲食を楽しめるcaféでした!(パーテーション使用、黙食)

~ようこそ学童保育所へ~

4月1日は、新入所のメンバー紹介と歓迎会を行いました。
メンバー紹介は各クラスで4年生が司会進行を努め、名前と好きな動物や食べ物を発表してもらいました。

歓迎会は、”ようこその桜の木”の前で行われました。コマ技、けん玉技、もしかめダンスを選抜メンバーで披露すると、おぉ~!!と歓声の嵐でした。コマやけん玉に興味を持ち、練習をしている姿もみられる日々です。

支援員・菊地

「おしゃれアイテムづくり☆」
河原塚放課後児童クラブ

この夏、ちょっとしたお洒落アイテムを作ったので紹介したいと思います。
クリアパック袋、大きめのビーズ、ラッピングタイ、ヘアピンがあれば簡単に出来る髪飾りです。

①クリアパック袋をハサミでカットして4枚の長方形にします。

②長方形の1辺にマスキングテープを貼ります。1枚1辺に貼り、4枚ともちがう位置の辺に貼ります。

③4枚の長方形を重ねて、蛇腹折りをします。
ラッピングタイに大きめの可愛いビーズを通し、蛇腹折りの中心をとめます。
蛇腹折りを開いて、好みの花の形に整えます。(花紙と同じ作り方です)

~ビーズをとめて、花の形になるように~

④ラッピングタイでとめた部分にヘアピンをつけます。
※ヘアゴムでもいいですし、安全ピンやボールチェーンをつけてバックなどにつけても可愛いです♪

~今回はヘアピンをつけました~

⑤可愛い髪飾りの出来上がりです☆

~浴衣にも合いそうですね~

夏の行事で使う予定で、行事担当の3年生の女の子を中心に作り始めました。
その様子をみていた他の女の子達も「作りた~い♡」と次から次へとやって来て盛り上がりました!
作った髪飾りを髪につけて、可愛さアップした女の子達はキラキラと輝いていました☆
男の子も、「お母さんにあげたいな」と言って作っていました。

材料も揃えやすく、1年生も簡単に作ることが出来ました。
よかったら作ってみて下さい。

支援員・菊地

「カロム」がプチ流行中
河原塚放課後児童クラブ

よいこのチャイム後の室内遊び。カロムが少し流行しています。正式には彦根カロム。滋賀県彦根市で局所的に流行っているよう。彦根市では一家に一台あるそうな。

ゲームのルールはビリヤードとおはじきを混ぜたような遊びです。色のない駒を指で弾き、色つきの駒に当て、コーナーの角に落とし、先にすべて落としきれば勝ち。とりあえず弾けばゲームができるので、1年生も参加しやすいなと感じています。子どもたちは「指がいた〜い!」といいながらも駒を弾き続けて遊んでいます。

支援員・佐久間

紅白学童運動会
河原塚放課後児童クラブ

河原塚小学校から綱と玉入れの道具を借りることが出来たので、高学年主催で紅白学童運動会を行いました。
種目は、綱引き、玉入れ、リレーの3種目です。

「綱がチクチクして太すぎるよ~」「玉入れのかごが高すぎ!」といいながら1,2年生は大はしゃぎ。迫力ある高学年の競技には応援に熱がこもっていました。
選手宣誓から始まり、優勝カップ授与まで、高学年がきっちり進行してくれました。

現在、河原塚は5年生が最高学年です。
会議中「4年はオレの話を聞かないし、歩き回るで大変だっ!」と5年生が怒っていましたが、運動会当日は、5年生中心に4年生がとっても頑張ってくれました。
いざというときはやる!頼もしい4年生の姿に感激して涙が出たことはみんなには内緒にしてます。

支援員・星野

リレーが流行中
河原塚放課後児童クラブ

河原塚放課後児童クラブでは最近リレーが流行しています。

「リレーやる人~?」と声をかけると学年男女問わず大勢の子が集まってきます。
チーム分けは5年生を中心に、足の速さが同じくらいになるように話し合いで決めていきます。

足が速い子、走るのが苦手な子様々ですが、走る順番を工夫したりして、チーム一丸となって楽しんでいます。
時には支援員も入って、盛り上がっています。

支援員・丹野

倉庫の片付けと紙芝居
河原塚放課後児童クラブ

4月16日(土)休日にもかかわらず、保護者会の有志の皆さんに保護者会所有の倉庫内の片付けにご協力頂きました。
お父さんたちの力で、大型のスチールラックの組み立てから配置を、お母さんたちの力で、庫内の片付けを行っていだき、とても使いやすい庫内になりました。
お忙しい中、保護者会活動に感謝です。本当にありがとうございました。

5月17日、月1回のカタメロ座による、絵本や紙芝居の読み聞かせの会が行われました。
1年生のみの参加ですが、みんな紙芝居に目を凝らし、耳を傾けていました。
河原塚(旧、八柱学童)では、30年位前のお話キャラバンの活動(人形劇など)が始まりで、長い歴史があります。

支援員・渋谷

“卒業”記念のドッジボール
河原塚放課後児童クラブ

年が明けて、3月を待たずに1月2月で退所する6年生の男の子が2人いました。
「最後にガチでドッチボール対戦をしたい!」と2人が企画し、2人をチームの主将にしたドッジボール対戦をすることになりました!
彼らが参加者募集の声かけをすると、1年生から6年生までの男の子、女の子のたくさんの参加者が予想以上に集まりました。
2人が、これまで下級生たちとの関わりの中で集めてきた人望を感じました。
参加者が決まったところで、主将の2人と支援員でドラフト会議をし、参加者の中から自分のチームに入れたいメンバーを指名し、力の配分、学年、男女比などをうまく考えながらマイチームを作りました。

当日は、河原塚小学校の体育館をお借りしました!

試合には、OBの子や支援員も参加し、盛り上がりました!!!
ドッジボールに参加するのは怖いけど、試合は観たい!と応援にきてくれた子もいました。

コロナ禍になり、集団でのあそび、ふれ合いに制限が多くなり、子ども期に大切な共同、共感、共育の機会が減少しつつありますが、少しでもHappyな気持ちになれる事を学童保育の場でも作っていきたいと思っています。
保護者の皆様ともその瞬間を共有し、一緒に子どもたちの成長を見守っていきたいと思っておりますので、今後も学童保育の活動に協力していただけると大変うれしく思います。

支援員・菊地かおり

伝統芸能を鑑賞
河原塚放課後児童クラブ

保護者の方が所属している「鼓流囃子太鼓保存会つづみ連」の方々に公演をしていただきました。

おかめ、ひょっとこの両面踊り、獅子舞、和太鼓の演奏など、日本の伝統文化に触れる良い機会になりました。
和太鼓の演奏は、ドンッドンッと重低音が体に響き迫力がありました。

支援員・佐久間康之