リレーが流行中
河原塚放課後児童クラブ

河原塚放課後児童クラブでは最近リレーが流行しています。

「リレーやる人~?」と声をかけると学年男女問わず大勢の子が集まってきます。
チーム分けは5年生を中心に、足の速さが同じくらいになるように話し合いで決めていきます。

足が速い子、走るのが苦手な子様々ですが、走る順番を工夫したりして、チーム一丸となって楽しんでいます。
時には支援員も入って、盛り上がっています。

支援員・丹野

倉庫の片付けと紙芝居
河原塚放課後児童クラブ

4月16日(土)休日にもかかわらず、保護者会の有志の皆さんに保護者会所有の倉庫内の片付けにご協力頂きました。
お父さんたちの力で、大型のスチールラックの組み立てから配置を、お母さんたちの力で、庫内の片付けを行っていだき、とても使いやすい庫内になりました。
お忙しい中、保護者会活動に感謝です。本当にありがとうございました。

5月17日、月1回のカタメロ座による、絵本や紙芝居の読み聞かせの会が行われました。
1年生のみの参加ですが、みんな紙芝居に目を凝らし、耳を傾けていました。
河原塚(旧、八柱学童)では、30年位前のお話キャラバンの活動(人形劇など)が始まりで、長い歴史があります。

支援員・渋谷

“卒業”記念のドッジボール
河原塚放課後児童クラブ

年が明けて、3月を待たずに1月2月で退所する6年生の男の子が2人いました。
「最後にガチでドッチボール対戦をしたい!」と2人が企画し、2人をチームの主将にしたドッジボール対戦をすることになりました!
彼らが参加者募集の声かけをすると、1年生から6年生までの男の子、女の子のたくさんの参加者が予想以上に集まりました。
2人が、これまで下級生たちとの関わりの中で集めてきた人望を感じました。
参加者が決まったところで、主将の2人と支援員でドラフト会議をし、参加者の中から自分のチームに入れたいメンバーを指名し、力の配分、学年、男女比などをうまく考えながらマイチームを作りました。

当日は、河原塚小学校の体育館をお借りしました!

試合には、OBの子や支援員も参加し、盛り上がりました!!!
ドッジボールに参加するのは怖いけど、試合は観たい!と応援にきてくれた子もいました。

コロナ禍になり、集団でのあそび、ふれ合いに制限が多くなり、子ども期に大切な共同、共感、共育の機会が減少しつつありますが、少しでもHappyな気持ちになれる事を学童保育の場でも作っていきたいと思っています。
保護者の皆様ともその瞬間を共有し、一緒に子どもたちの成長を見守っていきたいと思っておりますので、今後も学童保育の活動に協力していただけると大変うれしく思います。

支援員・菊地かおり

伝統芸能を鑑賞
河原塚放課後児童クラブ

保護者の方が所属している「鼓流囃子太鼓保存会つづみ連」の方々に公演をしていただきました。

おかめ、ひょっとこの両面踊り、獅子舞、和太鼓の演奏など、日本の伝統文化に触れる良い機会になりました。
和太鼓の演奏は、ドンッドンッと重低音が体に響き迫力がありました。

支援員・佐久間康之

良い年の予感が・・
河原塚放課後児童クラブ

「あけましておめでとうございます!今年もよろしくおねがいします!」
年が明け、学童に行く子こども達からそう言って迎えてもらえたので、とても気持ちよく2022年がスタートできました。
子どもたちに誘われて外に出ると、空は見事なまでの快晴で、2022年が良い年になるのではないかと感じさせます。

「あっ天使の羽!」
子どもの嬉しそうな声と共に指をさす方を見上げると、青空の中にまさに天使の羽のような二つの雲が浮かんでいました!
「よっしゃ~カメラ!」
と急いでカメラを取りに戻りましたが、撮れたのは

ざんねん…片方の羽が小さくなってしまいました…。
「あっ、こっちにはミッキーマウス!」

え~あれは赤ちゃんだよ~!」
「いや、あれはただの雲だろっ!!」
なんて会話や雲との一期一会を楽しみながら年明けはのどかな日々を過ごせました。

と思っていたら、なんと1月6日の冬休み最後の日に大雪が降りました!
お昼ごろにはこんな感じだったのが

夜にはこんな感じに!

降り積もる雪を眺め子どもたちは大歓声! 大人たちは大きなため息…。

2022年の出だしは大荒れとなってしまいましたが、河原塚の子どもたちの元気な姿を見ていると、そのエネルギーが雪を溶かし、コロナウィルスも吹っ飛ばし、いつかまた暖かな陽気の中で口を広げて大笑いできる日が訪れることを確信させてくれます。

支援員・掃部関大夢

こま板アートとハロウィン
河原塚放課後児童クラブ

今年度のおひさまチャレンジカップに向けて、こま板を新調した際に子どもたちにイラストをお願いしました。

こちらは6年生の作品。
こちらは2年生の作品。
こちらは4年生、3年生の作品。
こちらは6年生、4年生、3年生の作品。

おひさまチャレンジカップ当日に間に合わせるために、短期間で集中して取り組みましたが、とても素晴らしい作品になりました。
特に6年生は卒所前の思い出になったかなと思います。

話は変わって、ちょっと前のハロウィンのお話です。

こちらの玄関の装飾は、子どもたちと一緒に飾り付けをしました。

天井から吊るしている巨大カボチャは、夏の行事で使用した巨大スイカボールにオレンジの和紙を貼って作成しました。
子どもたちにも保護者の方にも大変好評でしたが、来年のハードルが上がってしまったように感じます(笑)。

室内には巨大クモが登場!
子どもたちは、学童に帰ってきたら突然現れた巨大クモに大興奮でした。

支援員・丹野雅博

工作大好き&日常の様子
河原塚放課後児童クラブ

巨大カマキリ
昨年の秋の事。かまきり大好きな1年生の男の子。虫カゴで飼育中のかまきりをよ〜く観察し終えると、『かまきり作りたいよ〜』と、段ボール工作に夢中。自分の体のサイズで最初に、はさみ→あたま→はね→足→おなかと進化を続け、巨大かまきりの完成。

お迎え時には、『食べちゃうぞ〜、いっただっきま〜す』 と言いながら、お母さん達をムシャムシャと食べに行きました。
『きゃぁ、食べられちゃう』 『すごい、上手ねぇ』と、笑顔で対応してくれたお母さん達にも感謝です。

この様子をお便り『はれときどきぶた』に掲載したところ、学校の先生から、『巨大かまきり、癒されるぅ。見るだけで元気になれる。写真ください』と、学童にも顔を出してくれたので、先生に巨大カマキリをお披露目しました。(写真は、保護者承諾のもとに差し上げました。)

 

鬼滅の日輪刀、完成!
大人気の「鬼滅の刃」。鬼滅の日輪刀づくり。河原塚のS先生が、キャラごとにオリジナルで型の線図をおこしてくれました。
興味のある子が、S先生のまわりに集まります。いつもはおとなしい1年生の男の子、ちょこんと横に座り、作り方を教わりながら、色を塗ったり、テープを貼ったり、コツコツと何日もかけて仕上げていました。
『出来た~!』と、満面の笑み。
『水の呼吸。一の型。水面斬り!』と言いながら、ポーズをとってくれました。

『この型がとりたかったんだよ。色塗りも楽しかった~』と話してくれました。
数日間、日輪刀を腰にかかえ、学童の建屋の回りをひっそりと歩き、回りをキョロキョロ、鬼殺隊のように。
日々、他の子どもたちも、キャラの違う日輪刀づくりに励んでいます。

 

日常の様子・秋の夕やけ
『わあ~、きれいな夕やけだよ~』と支援員から声をかけると、ロッカーにしがみついて、窓の外を眺める子どもたち。

『赤く染まってる~。きれ~いだね~』と、言いながらの数分間。
季節の移り変わりを、日常の生活で感じ取りながら、心豊かに過ごしていきたいです。

支援員・渋谷文枝

LaQ(ラキュー)制作
河原塚放課後児童クラブ

河原塚放課後児童クラブでは、放課後の時間帯に学校の家庭科室もお借りして保育をしています。
しかし、家庭科室にはエアコンがないため、夏場はエアコンが設置されている生活科室をお借りしました。
生活科室では特別にパズルブロックのLaQ(ラキュー)で遊ぶことができ、熱心に制作しています。
LaQは保護者の方から頂きました。

鬼滅の刃の登場人物のカラーをイメージして作りました!
可愛くて魅力的ですね♡

上:汽車と駅のホームを作りました!頭の中にイメージができていて、サクサクと作っていました!
色使いがキレイで、みんなが触れたくなる作品となりました!

下:ピヨちゃんファミリー。たくさんの家族を作り、名前を付けてごっこ遊びを楽しんでいました!
お部屋も作り、楽しく遊ぶ事ができました。

ここでは紹介できませんでしたが、他にも素敵な作品が続々と誕生しています♪

支援員・菊地かおり

「3年生あそび企画」
河原塚放課後児童クラブ

昨年に続き今年もやりました「3年生あそび企画」。みんなで楽しみました。

第1弾は7月29日の宝探し。丹野パウロウが、手下(掃部関先生)を引き連れて登場。テンションが一気に上りました。

第2弾は8月20日のスイカ運びゲーム。大きなスイカボールを風に飛ばされないように協力して運びます。チーム一致団結して頑張りました。

水鉄砲大会では陣地の的と頭上の的を狙い撃ち。守る方も必死です。みんなびちょびちょ。でも笑顔が輝いていました。

支援員・星野順子