工作大好き&日常の様子
河原塚放課後児童クラブ

巨大カマキリ
昨年の秋の事。かまきり大好きな1年生の男の子。虫カゴで飼育中のかまきりをよ〜く観察し終えると、『かまきり作りたいよ〜』と、段ボール工作に夢中。自分の体のサイズで最初に、はさみ→あたま→はね→足→おなかと進化を続け、巨大かまきりの完成。

お迎え時には、『食べちゃうぞ〜、いっただっきま〜す』 と言いながら、お母さん達をムシャムシャと食べに行きました。
『きゃぁ、食べられちゃう』 『すごい、上手ねぇ』と、笑顔で対応してくれたお母さん達にも感謝です。

この様子をお便り『はれときどきぶた』に掲載したところ、学校の先生から、『巨大かまきり、癒されるぅ。見るだけで元気になれる。写真ください』と、学童にも顔を出してくれたので、先生に巨大カマキリをお披露目しました。(写真は、保護者承諾のもとに差し上げました。)

 

鬼滅の日輪刀、完成!
大人気の「鬼滅の刃」。鬼滅の日輪刀づくり。河原塚のS先生が、キャラごとにオリジナルで型の線図をおこしてくれました。
興味のある子が、S先生のまわりに集まります。いつもはおとなしい1年生の男の子、ちょこんと横に座り、作り方を教わりながら、色を塗ったり、テープを貼ったり、コツコツと何日もかけて仕上げていました。
『出来た~!』と、満面の笑み。
『水の呼吸。一の型。水面斬り!』と言いながら、ポーズをとってくれました。

『この型がとりたかったんだよ。色塗りも楽しかった~』と話してくれました。
数日間、日輪刀を腰にかかえ、学童の建屋の回りをひっそりと歩き、回りをキョロキョロ、鬼殺隊のように。
日々、他の子どもたちも、キャラの違う日輪刀づくりに励んでいます。

 

日常の様子・秋の夕やけ
『わあ~、きれいな夕やけだよ~』と支援員から声をかけると、ロッカーにしがみついて、窓の外を眺める子どもたち。

『赤く染まってる~。きれ~いだね~』と、言いながらの数分間。
季節の移り変わりを、日常の生活で感じ取りながら、心豊かに過ごしていきたいです。

支援員・渋谷文枝

LaQ(ラキュー)制作
河原塚放課後児童クラブ

河原塚放課後児童クラブでは、放課後の時間帯に学校の家庭科室もお借りして保育をしています。
しかし、家庭科室にはエアコンがないため、夏場はエアコンが設置されている生活科室をお借りしました。
生活科室では特別にパズルブロックのLaQ(ラキュー)で遊ぶことができ、熱心に制作しています。
LaQは保護者の方から頂きました。

鬼滅の刃の登場人物のカラーをイメージして作りました!
可愛くて魅力的ですね♡

上:汽車と駅のホームを作りました!頭の中にイメージができていて、サクサクと作っていました!
色使いがキレイで、みんなが触れたくなる作品となりました!

下:ピヨちゃんファミリー。たくさんの家族を作り、名前を付けてごっこ遊びを楽しんでいました!
お部屋も作り、楽しく遊ぶ事ができました。

ここでは紹介できませんでしたが、他にも素敵な作品が続々と誕生しています♪

支援員・菊地かおり

「3年生あそび企画」
河原塚放課後児童クラブ

昨年に続き今年もやりました「3年生あそび企画」。みんなで楽しみました。

第1弾は7月29日の宝探し。丹野パウロウが、手下(掃部関先生)を引き連れて登場。テンションが一気に上りました。

第2弾は8月20日のスイカ運びゲーム。大きなスイカボールを風に飛ばされないように協力して運びます。チーム一致団結して頑張りました。

水鉄砲大会では陣地の的と頭上の的を狙い撃ち。守る方も必死です。みんなびちょびちょ。でも笑顔が輝いていました。

支援員・星野順子

七夕の願いごと 河原塚放課後児童クラブ

河原塚放課後児童クラブでは毎年、7月7日の七夕に合わせて市役所の方から笹を頂き、子ども達がそれぞれ好きな事を短冊に書いてお願い事をしています!

短冊に書かれたお願い事をちょっと覗いてみると、大人には思いつかないようなとっても可愛い子どもらしい願いで溢れています。
今日はその中からいくつか紹介したいと思います。

『しょうらいウサインボルトのきろくをこえられますように』
走るのが大好きな男の子は、すでに世界最速の男を見据えています。
10年後がとっても楽しみです。

『ずっとともだちがいっぱいでともだちをすてないでけんかもしませんように』
地球のみんなに聞いてほしいようなお願い事をしたのは、がんばり屋さんで優しい女の子です。

『おりひめとひこぼしがあえますように。』
いつもお話を真面目に聞いてくれる女の子は、なんと叶えてくれる側である織姫様と彦星様の幸せを願っています。
織姫様と彦星様はとってもうれしいだろうなぁ。

『マグロを1000000000000ぴきつってかねもちになれますように』
去年に引き続きマグロのお願いをする男の子。
ただ去年は『マグロがたくさん食べたい』だったのに、今年は売るつもりでしょうか?利益を視野に入れています。短冊から立派な成長が見て取れます。

『地球侵略できますように』
彼は地球人に化けた宇宙人なんでしょうか?
侵略されると困るのでぜひやめていただきたいものです。

恥ずかしがり屋さんが書いたお願いは織姫様と彦星様も解読するのが大変そうです。

こんなお願いがたっっくさん集まって、とっても賑やかな笹になりました!

短冊が重すぎて笹が折れそうなほどで織姫様と彦星様も全部叶えるのはとっても大変そうです。

今年の七夕は個性が光るお願い事もありましたが、一番多かったのは『コロナがおさまりますように』でした。
本当にそう思います。
きっとすぐ叶うよ!優しいみんながお願いしているんだから。

支援員・掃部関大夢

コロナ時代のおやつの食べ方
 河原塚放課後児童クラブ

養生パネルを使ってパーテーションを作りました。

保護者会の役員会でパーテーションを作る話をしたところ、保護者の方に「この素材なら、値段も安いし、こんな感じで作ってみたんだけど」とアイデアをいただきました。

パーテーションを作る前は、おやつの時間を学年ごと3つに分けて食べていました。雨で体育館が使えない時は、おやつを食べない子どもの居場所に困ったり、異学年で遊んでいる時に遊びが切れてしまうなどの課題もありました。パーテーションを使うことで、そうした問題は改善されているように感じます。

パーテーションを使う際に注意しているのは、黙食の徹底、パーテーション使用後は子どもに触らせずに大人が片付ける、除菌をすることなどです。

支援員・佐久間康之

県民の日の過ごし方
河原塚放課後児童クラブ

県民の日(6月15日)にミニ縁日を行いました。

「今年も学童まつりはなくなりそうで、1年生、2年生は学童まつりを経験できなそうだから、1年生、2年生のために協力してくれない?」と高学年に話し、高学年で4つ、3年生で2つ、2年生で1つ、大人で1つのお店をそれぞれ担当することにしました。
高学年は下校時間が遅く、宿題の量も多いため準備の時間が少なかったのに、頑張って準備してくれました。
3年生、2年生は初めてのお店担当、マイクで場内アナウンスしたり、大きな声で「ひもくじやりたい人いませんかー!」と呼び込みをしたりしていました。

通りすがりに「今日来てよかった~!」との声や、後日に保護者から「縁日、楽しかったと言っていました」との声をいただけて、縁日を開催してよかったなと思いました。

支援員・佐久間康之

新1年生にけん玉をプレゼント 河原塚放課後児童クラブ

年度も保育の会から全新1年生に、けん玉がプレゼントされました。
自分で好きな色を決めて、名前を書いたマイけん玉に愛着がわいたと思います。

河原塚学童では、「けん玉の技表」に沿って技をクリアするとシールが増えていく検定を行っていますが、一年生がいきなり技に挑戦するのはなかなかハードルが高いです。
そこで、技に挑戦する前にけん玉の持ち方や姿勢、どこに玉が乗るのかなどを、9つの技をクリアすることで自然に覚えられる「けん玉道入門級」で、毎年一年生にそれを教えています。以前、日本けんだま協会の講師に研修で教わったものです。

真剣な表情で入門級に挑戦をし、できなくても何度もチャレンジしていた子もいましたが、全員合格し、けん玉に興味を持ってくれたと思います。そのあと、大皿や小皿といった技に挑戦している子もいました。

支援員・丹野雅博

学年閉鎖にともなう利用休止のお知らせ 河原塚放課後児童クラブ

河原塚小学校の学年閉鎖について松戸市より下記のように連絡がありました。
急なことではありますが、ご理解のほどよろしくお願いいたします。
なお、該当学年の兄弟もできるだけクラブをお休みしていただくよう、ご協力をお願いいたします。

松戸市学童保育の会

**********************************
河原塚放課後児童クラブ保護者各位

河原塚小学校において児童の家族が新型コロナウイルスの濃厚接触者とされたため、令和3年1月14日(木)から当該児童の在籍している学年の学年閉鎖となることに伴い、感染拡大防止のため、河原塚放課後児童クラブにおい当該児童の学年を1月14日(木)から当面の間利用休止いたします。
クラブ利用再開につきましては、決定し次第あらためてお知らせいたします。

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞やさシティ、まつど∞∞∞
松戸市 子ども部子育て支援課
TEL 047-366-7347
FAX 047-703-1005
E-mail mckosodateshien@city.matsudo.chiba.jp
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞