けん玉 がんばってます!
高木放課後児童クラブ

12月6日の「おひさまチャレンジカップ」に向けて、子ども達はけん玉の「もしカメ」を猛練習中です!

毎日おやつの後の30分間、一生懸命練習する子ども達
1年生もステップの練習をしています。真剣そのものです
6年生が1年生に丁寧に教える姿に感動しました。学童のいいところですね
本番が楽しみです

支援員・小笠原愛美

自分だけのミニハウス!
高木放課後児童クラブ

いつも折り紙をしている子や、一緒に作りたい!と言ってくれた子と共に、段ボールや折り紙を使ってミニハウスを作りました!

ネコちゃんのお家を作ったり、色んな種類のお魚のいる海を作ったり、写真を撮った後もさらに家具を増やしたりと改良も!

水の中の部屋を作る子も!まさかの発想力に驚かされました!
指導員も作ったのですが、猫のはずが、みんなにタヌキと言われてしまいました(笑)。

まだ作成中の子もいて、クオリティにとてもこだわっているので、完成がとっても楽しみです!

こども園芸部 高木放課後児童クラブ

季節はもう秋!
「学童お花畑計画」を企てている指導員のために女の子達はみんなで植物の種を集めてくれています。

もみじの種?これは芽が出るのかな・・・?

コスモスの種。来年咲くかな~♪
女の子達で水やり当番表を作り、毎日声を掛け合ってお世話をしてくれています!

植物が好きな6年生の男の子はイチゴを植えてくれました!
ちなみにこのイチゴの苗は種から育てました!

土を入れて
苗を植え替えて

完成です!

順調に育てば実ができるのは3月。
卒業までに甘いイチゴが食べられますように!

支援員・小笠原愛美

ミニ運動会! 高木放課後児童クラブ

6月16日、県民の日で学校がお休みの日にミニ運動会を行いました!
事前に3.4年生と共に決めた競技をみんなでやりました。

最初の競技は「しっぽ取り」。人数に偏りがありましたが、人数が少ないチームが勝つ試合も!

2番目、3番目の競技は「借り人借り物競争」と「じゃんけん徒競走」!
運が良かった子や、じゃんけんの強い子が強い!!

その後は、お弁当休憩をしてから午後の部に。
午後はみんなでけん玉を、そして最後にリレー!!!

両チーム、バトンを落としてしまうなど様々なアクシデントはありましたが、全学年で楽しめる良いイベントになりました。
終わった後も「またやりたい!」と言ってくれる子が多かったので、またみんなで楽しめるイベントを行っていきたいです。

支援員・戸田

ルービックキュー部、活動中!
 高木放課後児童クラブ

クラブでは現在、ルービックキューブが流行っています!

最初は「むずかしい~!」と言っていた子も、やり始めると「ここはこうかな?」とクルクル回し始めます。低学年の子も興味津々!

兄妹で楽しくクルクル。

高学年は6面を揃える事を目標に、難しい説明書を見ながら集中しています。既にやり方を覚えた子に教えてもらう場面も。ルービックキューブの輪が広がっています。

教えてもらったり、説明書を読んだり、真剣そのものです。

6年生の男の子は12面体のルービックキューブに挑戦!さすがに難しいかな?と思っていましたが、2~3日程で完成させみんなを驚かせていました!

12面体に挑戦中。

先、頭の体操、ストレス発散に子ども達に人気の遊びです!

支援員・小笠原愛美

ローソンさんからおにぎり! 高木放課後児童クラブ

今日、ローソンさんからおにぎりが届きました!
こんなにたくさんのおにぎりを間近で見るのも初めてだったので、子ども達は低学年・高学年問わずどの子も驚きと大喜びでした。

事前に保護者の方にメールで連絡していたため、昨日のお迎えの時には「毎日のお弁当はとても大変だったので本当に助かります」とおっしゃる方がたくさんいました。
本当に今回の取り組みは子ども達、保護者にとってとてもありがたいですね。

お昼時、みんなでローソンのおにぎりを開けると「なんかいつもと違う!」と、いつも以上にウキウキした昼食になりました。

新型コロナの影響で楽しみにしていた行事がなくなり、学校の友達に会う事もできない中、ローソンさんのおかげでとても明るい一日になりました。ありがとうございました!
(指導員も元気になりました。^o^)

支援員・小笠原愛美

今日は「レトルトの日」高木放課後児童クラブ

夏休み中、子どもたちは毎日お弁当を持ってきます。
みんなとても楽しみにしていますが、毎日作るのは保護者にとって一苦労。
指導員が八ヶ崎学童でレトルトの日があるのを知り、高木学童でも今年取り入れました。

レトルトの袋を開けると美味しそうな匂いが。

お家から好きなレトルトとごはんやパスタなどを持ってきて、指導員が温めます。
定番のカレーのほか、パスタのソースや丼ものなど華やかな品揃え。
自分で封を開けるといい匂いが立ち込め、みんなで鼻をクンクンしていました。

今日(8月15日)はお盆なので19人でしたが、そのうち14人がレトルトでした。
お家からおいしそうなお弁当を持ってきた友達と一緒に、満足そうに食べました。
毎日のお弁当作りに悩んでいる保護者からも、がんばり過ぎないでいられると好評です。

高木まつりに参加しました【高木学童】

今年は学校の土曜参観と同日開催だったため、子どもたちは走って学童に戻って来ては、けん玉を持って「体育館に行って来ま〜す!!」「上履き忘れたー!」とまるで嵐のような元気っぷり!「きんちょうする〜」とMちゃん。「朝も練習してきた!」とやる気まんまんのMちゃん。体育館ではすでに「まつり」が始まっていて、今年も高木学童からマンカラ、コマ、けん玉のブースを出しました。マンカラが大人気でした!!

「もしカメ」発表の時間になると、子どもたちのテンションも最高潮に達したのか、ステージの上で我も我もと前に出てきて”落ちてしまわないか”とヒヤヒヤする場面もありましたが、実行委員さんの機転で1年生はステージの下に横一列になっての披露となりました。1曲4分と、終わってしまえば短いですが、子どもたちは日々の練習の成果をこの4分間に全て出し切り、たくさんのお客さんに囲まれ、暖かい拍手をいただきました。

「もしカメ」終了後は学童に戻ってパフェ作り。高木まつり担当の保護者の方が全ての材料を揃えて持ってきてくださいましたので、すぐにバイキング!コーンフレークやフルーツ、アイス等好きなものを好きなだけ盛り付けて、自分だけのオリジナルパフェが出来上がりました。緊張の発表の後の甘〜いスイーツはカクベツ!どの子も思い切り頬張り、誰にも怒られない欲張りパフェを存分に堪能しました。

パフェを食べ終えた子どもから再度高木まつりに参加し、くるくるシャボン玉や、ブーメラン、ダンボール迷路など、午後3時までの残り時間を思い思いに楽しんでいました。
色々と変更が重なり、保護者の皆さんにはご迷惑をおかけしました。また、準備から当日のブースの設置と片付けまでご協力くださった保護者の皆さま、本当にありがとうございました。お疲れさまでした!(指導員・小笠原)