けん玉 がんばってます!
高木放課後児童クラブ

12月6日の「おひさまチャレンジカップ」に向けて、子ども達はけん玉の「もしカメ」を猛練習中です!

毎日おやつの後の30分間、一生懸命練習する子ども達
1年生もステップの練習をしています。真剣そのものです
6年生が1年生に丁寧に教える姿に感動しました。学童のいいところですね
本番が楽しみです

支援員・小笠原愛美

全クラブで「おひさまチャレンジカップ」がスタート!!

松戸市学童保育の会が運営する全8クラブが参加する「おひさまチャレンジカップ」がスタートしました。

もともとは法人が運営を開始して間もなく「子どもたちに豊かなあそびを普及させよう!」と、すべてのクラブが一同に集まる「おひさまフェスタ」を始めたもので、10数年前からは、けん玉・コマを中心とした現在のスタイルに定着しています。

2018年の「おひさまフェスタ」(上本郷小学校)

しかし、昨年度は新型コロナの影響で「おひさまフェスタの中止」という文字がよぎりました。
その一方で「フェスタ」を楽しみにしている子、卒所を控えてラストチャンスの子の気持ちを大切に考え、クラブごとに行う「チャレンジカップ」として開催することにしました。今年度も11月25日に八ヶ崎放課後児童クラブを皮切りにスタートしました。各クラブでの開催予定は下記をご覧ください。

「おひさまフェスタ」を経験している3年生以上からは、今でも「○○クラブの子は上手だったな」「負けないように練習しよう」という声が聞こえてきます。
その練習や取り組みを通して、大きい子が小さい子に教える姿があり、異年齢の子どもたちが関わり合い育ち合うという、クラブの良さを改めて感じています。

「チャレンジカップ」という名前には、子どもたちが「やってみる」という第一歩を踏み出す勇気、練習して「できた!」という達成感、ほかの子ができたことを「よかったね」と一緒に喜びあえる心の成長を願う気持ちを込めています。
今回はどんなドラマが待っているのか楽しみです。
そして、来年こそはすべてのクラブが集まる「おひさまフェスタ」を再開できることを願っています。

開会式の選手宣誓(写真はいずれも11月25日の八ヶ崎放課後児童クラブ)
全員で「とめ剣」を行い、何人成功したかを競う「とめけんチャレンジ」
大皿~中皿を繰り返しながら、歌が1曲が流れる中1回も落とさないチャレンジの「もしかめ」
コマを頭の上で周回させる技「大車輪」に挑戦

本部責任者 池田説夫

「おひさまチャレンジカップ」開催予定
11月25日(木)八ヶ崎放課後児童クラブ
12月6日(月)高木放課後児童クラブ
12月8日(水)北部放課後児童クラブ
12月9日(木)大橋放課後児童クラブ
12月10日(金)高木第二放課後児童クラブ
12月16日(木)梨香台放課後児童クラブ
12月20日(月)河原塚放課後児童クラブ
12月27日(月)寒風台放課後児童クラブ

<🍠いもほり🍠>
寒風台放課後児童クラブ

今年も保護者の方が所有する農園さんにご協力いただき、いもほり体験を行いました。

いもほりを予定していた時間は雨予報…時間が迫るにつれて空模様が怪しくなり、降り始めてしまいました。子ども達が楽しみにしていたので、中止にしてしまうのは忍びない…畑に連絡して時間をずらしてもらい、無事に出来ました♪
80株で予約していましたが、当日は出席の子が多く、ご厚意で急遽20株追加してくださり、余裕をもって出来ました!ありがとうございました。
2年生が1年生の掘るのを手伝ってくれている姿も見られました。1年生の男の子は、自分の顔ほどある大きいさつまいもを掘り当て、大興奮!2年の女の子は「もう2本ぐらいとりた〜い」と、もっと掘りたそうでした。高学年の女の子は、わんぱくの写真を中心に写真係をやってくれました♪

持ち帰ったさつまいもを○○にして食べた!など、子ども達からは聞かれます。6年生の将来パティシエ志望の女の子は、スイートポテトにして食べたそうです^^♪

支援員・渡邉香奈子

ハロウィン工作をしました
高木第二放課後児童クラブ

毎月、高木第二では工作を楽しむ一週間を設定しています。
10月はハロウィン工作をしました。

紙コップと色画用紙、モールを使います。
ハサミでしっかり切れ目を入れる1年生~真剣です。
切った画用紙を紙コップにつけて、羽と目を付ければコウモリになります。
オレンジ色の画用紙ではかぼちゃが作れます。
紙コップなので中にお菓子を入れるのもいいですね。

支援員・中嶌輝充

落ち葉とどんぐりでウィンドーステッカーを作ろう!
北部放課後児童クラブ

10月22日、25日、26日の3日間、工作イベント行いました。
下敷きに絵を描いて、描いたものの上に木工用ボンドをつけて乾かして作るシールに、秋らしく落ち葉やどんぐり使って作りました。

椎の実とアカガシの実
へい、いらっしゃい!何にしますか?

みんな思い思いの絵を描いたりどんぐりに顔やラメをつけたりして楽しんでいました。

工作大好き&日常の様子
河原塚放課後児童クラブ

巨大カマキリ
昨年の秋の事。かまきり大好きな1年生の男の子。虫カゴで飼育中のかまきりをよ〜く観察し終えると、『かまきり作りたいよ〜』と、段ボール工作に夢中。自分の体のサイズで最初に、はさみ→あたま→はね→足→おなかと進化を続け、巨大かまきりの完成。

お迎え時には、『食べちゃうぞ〜、いっただっきま〜す』 と言いながら、お母さん達をムシャムシャと食べに行きました。
『きゃぁ、食べられちゃう』 『すごい、上手ねぇ』と、笑顔で対応してくれたお母さん達にも感謝です。

この様子をお便り『はれときどきぶた』に掲載したところ、学校の先生から、『巨大かまきり、癒されるぅ。見るだけで元気になれる。写真ください』と、学童にも顔を出してくれたので、先生に巨大カマキリをお披露目しました。(写真は、保護者承諾のもとに差し上げました。)

 

鬼滅の日輪刀、完成!
大人気の「鬼滅の刃」。鬼滅の日輪刀づくり。河原塚のS先生が、キャラごとにオリジナルで型の線図をおこしてくれました。
興味のある子が、S先生のまわりに集まります。いつもはおとなしい1年生の男の子、ちょこんと横に座り、作り方を教わりながら、色を塗ったり、テープを貼ったり、コツコツと何日もかけて仕上げていました。
『出来た~!』と、満面の笑み。
『水の呼吸。一の型。水面斬り!』と言いながら、ポーズをとってくれました。

『この型がとりたかったんだよ。色塗りも楽しかった~』と話してくれました。
数日間、日輪刀を腰にかかえ、学童の建屋の回りをひっそりと歩き、回りをキョロキョロ、鬼殺隊のように。
日々、他の子どもたちも、キャラの違う日輪刀づくりに励んでいます。

 

日常の様子・秋の夕やけ
『わあ~、きれいな夕やけだよ~』と支援員から声をかけると、ロッカーにしがみついて、窓の外を眺める子どもたち。

『赤く染まってる~。きれ~いだね~』と、言いながらの数分間。
季節の移り変わりを、日常の生活で感じ取りながら、心豊かに過ごしていきたいです。

支援員・渋谷文枝

ハロウィンパーティー
大橋放課後児童クラブ

10月といえばハロウイン🎃。紙コップにかわいい顔を書き「ハロウインお化け」を作りました!

部屋の電気を消し、全部並べてみると今にも動き出しそうなお化け達…「夜中、お化け達がみんなで動いていたらどうする~?」なんて言うと、ちょっとドキッとした子ども達でした(笑)。

10月29日にはハロウインパーティーと題し、事前にビニール袋で作った衣装や持参した衣装に着替えて近隣を散歩をしたり、校庭では宝探し「自分のかぼちゃを探そう!」を行い楽しみました。

いつもとは違う一日に子ども達の笑顔がたくさん見られました。

支援員 木村幸子

ハロウィンパーティーで「宝探しゲーム」
梨香台放課後児童クラブ

10月29日(金)にハロウィンパーティーを行いました。

当日は、仮装衣装を持っている子で、着たい子は持参してもいいという形式にし、学校から下校してくると、ワクワクした様子で思い思いの衣装で変身していました。

ディズニープリンセス、鬼滅の刃、魔女やお化けなど、子どもたちそれぞれの好きなキャラになりきっていました。

全学年そろうと、今回のレク「宝探しゲーム」の始まりです。
班ごとに集まり、校庭に隠されたガチャガチャのカプセル(班で1個)を見つけにいきます。
その中には、指導員に関するクイズが書かれていて、カプセルを見つけた班からクイズの答えを導きだしていきます。
班での協力性が大切になっていきます。

一斉にスタートすると、あっという間に見つける班もあれば、「どこにあるのかわからない…。」と難しい場所に隠されたカプセルに苦戦する班も。
見つけた班から、学童内でクイズの答えを考えていきます。

最後には、クイズの答え合わせをし、指導員も笑ってしまうようなそれぞれの班の個性あふれる回答がたくさんでてきました。
放課後の数時間でしたが、子どもたちの笑顔をたくさん見ることができてよかったです。

支援員・海老原侑

LaQ(ラキュー)制作
河原塚放課後児童クラブ

河原塚放課後児童クラブでは、放課後の時間帯に学校の家庭科室もお借りして保育をしています。
しかし、家庭科室にはエアコンがないため、夏場はエアコンが設置されている生活科室をお借りしました。
生活科室では特別にパズルブロックのLaQ(ラキュー)で遊ぶことができ、熱心に制作しています。
LaQは保護者の方から頂きました。

鬼滅の刃の登場人物のカラーをイメージして作りました!
可愛くて魅力的ですね♡

上:汽車と駅のホームを作りました!頭の中にイメージができていて、サクサクと作っていました!
色使いがキレイで、みんなが触れたくなる作品となりました!

下:ピヨちゃんファミリー。たくさんの家族を作り、名前を付けてごっこ遊びを楽しんでいました!
お部屋も作り、楽しく遊ぶ事ができました。

ここでは紹介できませんでしたが、他にも素敵な作品が続々と誕生しています♪

支援員・菊地かおり

自分だけのミニハウス!
高木放課後児童クラブ

いつも折り紙をしている子や、一緒に作りたい!と言ってくれた子と共に、段ボールや折り紙を使ってミニハウスを作りました!

ネコちゃんのお家を作ったり、色んな種類のお魚のいる海を作ったり、写真を撮った後もさらに家具を増やしたりと改良も!

水の中の部屋を作る子も!まさかの発想力に驚かされました!
指導員も作ったのですが、猫のはずが、みんなにタヌキと言われてしまいました(笑)。

まだ作成中の子もいて、クオリティにとてもこだわっているので、完成がとっても楽しみです!