良い年の予感が・・
河原塚放課後児童クラブ

「あけましておめでとうございます!今年もよろしくおねがいします!」
年が明け、学童に行く子こども達からそう言って迎えてもらえたので、とても気持ちよく2022年がスタートできました。
子どもたちに誘われて外に出ると、空は見事なまでの快晴で、2022年が良い年になるのではないかと感じさせます。

「あっ天使の羽!」
子どもの嬉しそうな声と共に指をさす方を見上げると、青空の中にまさに天使の羽のような二つの雲が浮かんでいました!
「よっしゃ~カメラ!」
と急いでカメラを取りに戻りましたが、撮れたのは

ざんねん…片方の羽が小さくなってしまいました…。
「あっ、こっちにはミッキーマウス!」

え~あれは赤ちゃんだよ~!」
「いや、あれはただの雲だろっ!!」
なんて会話や雲との一期一会を楽しみながら年明けはのどかな日々を過ごせました。

と思っていたら、なんと1月6日の冬休み最後の日に大雪が降りました!
お昼ごろにはこんな感じだったのが

夜にはこんな感じに!

降り積もる雪を眺め子どもたちは大歓声! 大人たちは大きなため息…。

2022年の出だしは大荒れとなってしまいましたが、河原塚の子どもたちの元気な姿を見ていると、そのエネルギーが雪を溶かし、コロナウィルスも吹っ飛ばし、いつかまた暖かな陽気の中で口を広げて大笑いできる日が訪れることを確信させてくれます。

支援員・掃部関大夢