大賑わいだった「学童まつり」 高木第二放課後児童クラブ

10月20日(日)、高木第二小学校の校庭と体育館をお借りして、学童まつりを行いました。
雨も降らず、多くの方が来て下さいました。地域の方々がバザーの献品に協力してくださったり、当日も足を運んでくれたりと、学童に目を向けてくださっていることを嬉しく思います。

体育館ではバザー、駄菓子やさん、子どもコーナー、校庭ではやきそば、豚丼などの屋台が並びました。「子どもコーナー」はストラックアウト・バッティングセンター、コリント、シュート棒、プラ板、おかしつりの5種類。ルール決めや材料準備などは、事前の取り組みの中で、コーナーごとに集まって子供たちと指導員で進めてきました。どのコーナーも意欲的な子が多く、特に景品があるコーナーでは「早く買い出し行きたい!」という声をよくききました。
本番になると学校の友達や先生方も来てくださり大喜び!楽しそうに接客していました。ただ集中力が続かず「(担当時間)まだ終わらないの~」という子も…とは言いつつ、最後までやり遂げてくれました!どのコーナーも賑わっていて、おかしつりは開始1時間弱で終了してしまうほどの人気でした。

保護者は屋台、子どもコーナーのサポート、バザーを担当してくださいました。OBさんも協力してくれて、とてもありがたかったです。
実行委員の方々は、お忙しい中で会議や準備で大変だったと思いますが、おかげさまで無事に開催する事ができました。ご参加いただいた保護者、OBの皆様も本当にありがとうございました。子どもたちもお疲れさまでした!
支援員・島倉里奈