新人研修を行いました

7月9日、今春の新規採用者の新人研修を行いました。
本来であればこの時期には複数回行っているところですが、今年度は新型コロナのために緊急開設の一日保育が続いたため、3か月遅れでの実施になりました。

自己紹介でこの仕事を選んだ理由を話してもらったところ、子どもと遊ぶことが好き、自分も学童に通っていた、中には学生の時にバイトをして魅力を感じたという人もいました。

趣味や特技では運動、コマ、工作、映画鑑賞や絵、中には特技でおしゃべりと言った人もいました。この仕事は子どもたちや保護者の方とのコミュニケーションが大事ですので、話しやすいことは大事だと感じています。

研修では学童保育の役割、子どもたちの理解、安定した子どもたちの生活など基礎的な講義と仕事の見通しが持てるようにと大まかな一年の流れや仕事について研修しました。

本日のまとめとして子どもたちの生活に同じはないため常に学ぶこと、一緒に支え合える仲間を作ること、子どもの成長や変化をうれしい・悲しいと思える指導員になってほしいと伝え終了しました。

今後は月1回のペースで行い、子ども目線に立てる指導員なることを期待しています。

事業管理本部・池田説夫