夏休み最後は「3年生主催」で遊びを3つ 河原塚放課後児童クラブ

8月21日(金)、夏休み最後の思い出として、3年生を中心に学童みんなで遊ぶイベントを企画しました。

初のイベントは全員でドロケイです。
事前アンケートの結果で「警察チーム」と「泥棒チーム」に分かれ、普段のドロケイに追加ルールとして時間制限を設け、泥棒チームの中にランダムで誰かわからないように”大泥棒”を混ぜました。
泥棒チームは時間いっぱい逃げ切り、捕まっていない子の中に大泥棒がいれば勝ち、警察チームは誰が大泥棒かわからないため、とにかく全員捕まえなければいけません。

頑張って追いかけろ~!
タッチ!

最終戦、とある子が終了時間ギリギリに捕まったか逃げ切ったか微妙な判定となり、勝負の行方は捕まえた子と捕まった子のじゃんけんに!
じゃんけんの結果捕まったという判定となったのですが、なんとこれがドラマチックな展開となり、たまたまこの子が大泥棒だったため警察チームの勝利。
じゃんけんで運命が左右されるとは思わなかったです。

ルール説明をする3年生

水分補給の休憩を挟み、2つ目のイベントは水鉄砲大会。
事前に決めた3チームに分かれ、相手チームの陣地にある的を水鉄砲で狙うというゲームで、自分の陣地の的を守りつつ、相手チームの的を狙う三つ巴の戦いです。

結果は全チームの的に穴が開いたため引き分け!
全身ずぶ濡れになりながらも、子どもたちは歓声を上げながら全力で楽しんでいました。

昼食後、1時間たっぷりと身体を休め、最後のイベントはスイカ割り。
3チームに分かれ、新聞紙で作った棒を持って目隠しをし、いくつか並べてある偽物スイカを叩いて得点を競う内容です。(一つだけ高得点の本物のスイカがあります)
待っている子は自分のチームの応援や、右!もう少し左!と大きな声で指示を出していました。

おやつに食べる用に冷やしたスイカを食べました。
今回おやつに食べたスイカは、保護者会費からの補助金で購入させていただきました。
ありがとうございました。

ドロケイ、水鉄砲大会、スイカ割りと盛り沢山な一日でしたが、元気に無事に楽しめたことがよかったです。
保護者の方から「今年の夏はどこも行けなかったので、学童でイベントをやってくれてよかった」といった声をかけていただいたり、子どもたちからもドロケイが楽しかった、水遊びが楽しかったとたくさん声が上がりました。
そして何より3年生のみんなが夏休みの間、準備や会議を重ねて頑張った成果だったと思います。

支援員・丹野雅博