代表者会議を開催しました

学期に1度、各クラブの保護者会長さんなどに集まっていただく「代表者会議」を開催しました。
2学期は8カ所のクラブを2グループに分けて行いました。11/9(土)にAブロック(大橋、梨香台、高木第二、河原塚)が大橋放課後児童クラブを会場に26名、11/16(土)にはBブロック(寒風台、高木、八ヶ崎・北部)が寒風台放課後児童クラブの会場に25名参加して下さいました。

それぞれ本部職員が財政状況や指導員配置、児童数や施設関係、委託化に伴う保育内容の変化、来年度の見通しなどについて報告した後、9月に実施した保護者アンケートの中間報告を行いました。
保護者アンケートでは、2015年度から今年度までを見ると、どの年度も子どもの楽しいことは「友達と遊ぶこと」と「外や部屋でたくさんあそぶこと」で、保護者は「楽しんでいる子どもの様子を見ること」と「親子の行事」という回答が多いことを紹介しました。
一方で保護者会が負担だという声も少なからずあったため、本部の担当者は、楽しさより負担感が先行していると感じられているようなので、今後は「ちょっと大変だけど楽しい」、「このぐらいなら協力できる」、参加した人が「楽しい、得した」と思えるような保護者会になると良いですね、と感想を述べました。

各クラブ間の情報交換では、保護者会活動やキャンプ・学童まつりの様子、保護者会費の額やその使い道などについて意見交換を行いました。指導員からは、多人数保育の中での子どもたちの様子を報告し、適正規模で保育を行うことの大切さを指摘しました。アンケートの結果は来年2月あたりに公開します。

代表者会議は各クラブの保護者と指導員、理事が直接話すことで信頼関係を作るよい機会になっています。今後も有意義な会議にしていきたいと考えています。
ご意見などはホームページの「お問い合わせ」欄を使ってお寄せ下さい。

事業管理本部 池田説夫