ひな祭り
八ヶ崎放課後児童クラブ

3月3日(木)に、ひな祭りを行いました。

2人の3年生が、ひな祭りの由来に関する紙芝居を読んでくれました。
その次にはちょっとしたレクとして「にんげんまちがいさがし」を行いました。
これは支援員が変身する前と後で、どこが変わったかを子ども達に当ててもらうもの。

ひなまつりに関する小道具(ひおうぎ など)も作成し、変身するときに持ってみたりもしました。答え合わせの時には「ハイ!ハイ!」と手を挙げ、当てるぞ!と意気込む子たちで、室内がやる気に包まれ、圧倒されました。支援員が時計を左右逆につけて登場してみると、ほとんどの子が気づいてくれて「良く見ているなぁ」と感心しました。

ひな祭り気分を少しでも味わってもらおうと、おやつにはひな祭り気分漂うパッケージのお菓子を出しました。ポケモンのパッケージだったこともあり、「僕はどんなポケモンかな」と見ている姿が可愛らしかったです。

支援員・小助川由汰